本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「雑談力」百田 尚樹

本のソムリエ 2016/12/28メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

雑談力 (PHP新書)


【私の評価】★★★★★(93点)


要約と感想レビュー

 「永遠の0」「海賊とよばれた男」といった素晴らしい小説を書いている、百田さんは雑談が好きらしいのです。


 百田さんは、書くより話すほうが100倍好き。その雑談の技術は、どうなっているのでしょうか。それは、放送作家で修行した人らしく、すべらないように事前の準備をしっかりすることです。


・「つかみ」に無神経な作家に、面白い小説が書けるわけがない、と思っています(p24)


 すべらない話は、やはり「ネタ」と「つかみ」と「構成」が命です。


 「ネタ」は事前に準備しておく。そして「つかみ」で聞いている人の興味を引く。あとは、ちゃんと起承転結で落ちをしっかりすればいいのです。


・人の興味を惹く方法の一つに、質問から入るという方法があります(p29)


 雑談の方法というより、この本自体が百田さんの雑談でした。また、それが面白いのです。百田さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・自分の話したいことを、聞く方の身になって話す(p97)


・普段から、面白い話をストックしておくことをお勧めします。そのためには、まずネタを仕入れることです(p69)


・どうやったら小説が書けますか・・インプット量を増やせ」と言います・・100インプットして三くらいアウトプットできれば上出来でしょう(p72)


・カイコは野生で生きる力(野生回帰能力)を完全に失ってしまった唯一の家畜です(p37)


・80歳まで生きた場合、一生涯で交通事故で死傷する確率は、二分の一だということです。意外に高い数字に驚きます(p194)


・「従軍慰安婦」の問題も「南京大虐殺」と同様、デマから生まれたものです・・・この問題も南京大虐殺と同様、発信は朝日新聞です。(p219)


▼引用は下記の書籍からです。

雑談力 (PHP新書)
雑談力 (PHP新書)
posted with Amazonアソシエイト at 16.12.27
百田 尚樹
PHP研究所
売り上げランキング: 173


【私の評価】★★★★★(93点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


目次

第1章 人を引き付ける話をする技術
第2章 その気になれば、誰でも雑談上手になれる
第3章 こんな話に人は夢中になる
第4章 親友とする真面目な話


著者紹介

 百田 尚樹(ひゃくた なおき)・・・1956年大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第十回本屋大賞受賞)等多数。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: