「お笑い創価学会信じる者は救われない」佐高 信、テリー伊藤

|

お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ? (知恵の森文庫)
【私の評価】★★★☆☆(79点)


●創価学会についての一冊です。


 佐高 信さんはあまり好きではないのですが、
 創価学会について論じる人が他にいなかったのでしょう。


 ・三菱商事がからんだ絵画事件、創価学会幹部のおカネが金庫に
  入ったまま捨てられていたという事件。創価学会事件史には
  事欠かないよ(佐高)(p76)


●欧州のキリスト教のように宗教が政治力を持ち、
 ヴァチカンのように国家さえ持っている例もありますので、
 宗教を否定するつもりはありません。


 ただ、関係する人たちを不幸にしないでほしいと思うだけです。


 ・湯野さんという人の手記・・・まるで奴隷みたいで気の毒になるよね。
  財務と称するカネ集めなんか、驚いてしまいますよ。1000万円
  出した人がいると言われて、暗にあなたもそのくらいは、と言われる。
  (テリー)(p181)


●組織力と資金とマスコミと政治を握れば、何でもできるでしょう。
 自由だからこそ、そこにそれ相応の責任が生まれているはずです。


 ・『創価学会を斬る』(日新報道)の著者、藤原弘達が亡くなった。
  充子夫人によれば、その日、夜中じゅう、
  「おめでとうございます」という電話が続いたという(佐高)(p120)


●創価学会は日本の命運を左右するほどの
 組織となってきました。


 日本の命運を左右するとは、
 歴史で裁かれるということです。
 ★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・竹入(義勝)元委員長・・・池田の怒りを買ったと思われるのが、
  十一回目の「党と学会」という記事。・・・委員長を引き受ける
  ときから人事権は学会になると、明確にされていたと明言している。
  (佐高)(p91)


 ・学会員が学会員以外の相手と結婚すると、「親の信心が足りない」と
  学会内で白眼視されるのが普通でした。(湯野 重)(p200)


 ・彼らが必死になるのは、まず財務。分かりやすく言うとカネ集め。
  そしてもうひとつが、選挙。創価学会はとにかく選挙で公明党が
  議席を確保して力を持っていることが大事なんだ。(佐高)(p4)


▼引用は、この本からです。

お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ? (知恵の森文庫)
佐高 信 テリー伊藤
光文社
売り上げランキング: 92427
おすすめ度の平均: 3.0
5 悪と断言しよう
1 醜い低俗争い
5 知人に創価学会員が
5 信者沸きすぎ
1 宗教を馬鹿にしすぎ

【私の評価】★★★☆☆(79点)

■著者紹介・・・佐高 信(さだか まこと)

 1945年生まれ。大学卒業後、
 高校教師、経済紙編集長を経て、評論家となる。


■著者紹介・・・テリー伊藤(てりー いとう)

 1949年生まれ。大学卒業後、TVディレクターとして
 数々のヒット番組を手がける。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)