「テリー&中谷の人生のツボ」テリー伊藤、中谷 彰宏

|

テリー&中谷の人生のツボ (王様文庫)

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■強烈な個性、テリー伊藤と
 中谷 彰宏さんの対談です。


 半分が恋愛、半分が
 人生談義となっています。


 この二人の対談セミナーなら
 5000円は必要でしょうから、
 お得な一冊と言えるかもしれません。


 恋愛必勝法だけでも聞く価値があります。


  ・回りくどいアプローチの仕方をするより、
   10人中9人にソッポを向かれてもいいから、
   最初からズバッと切り込んでいったほうが、
   結果的に収穫がある。(テリー)(p60)


■特に印象に残ったのは、
 これだけ売れている二人でさえ、
 悩みを持っているということです。


 テリー伊藤でも悩んでいるのですから、
 人間というものはどこまで成長しても、
 経験しても悩みはなくならないのでしょう。


■ただ、二人はその悩みに
 対処する方法を知っているようにも感じました。


 中谷さんなら、本や映画に逃げるとか、
 対処方法が決まっているのです。


  ・ぼくは女性関係で辛い状況に陥ったときは
   「これは神様がこういう状況を作ってくれたんだ。
   ここにはきっと何か意味があるんだ」
   と思うんです。(中谷)(p26)


■対談ですので、気軽に読める一冊です。


 半分が恋愛関係ですので、
 彼女のいない方なら読む価値はあると思います。


 本の評価としては、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「いやあ、やり放題だよ」なんて言ってるヤツは、
   低いレベルで満足しているだけの話なんです。
   向上心がないから、そこで止まってしまう。(中谷)(p50)


  ・電話番号を聞いたら、どんなに遅くても
   その日の晩のうちにかけること。(中谷)(p62)


  ・「本当にやりたいことが見つかるまで、
   フリーターでいいや」・・・なんか、
   これも「ホントに素敵な人が見つかるまで、
   いろんな人と寝てみる」って言ってるコギャルたちと同じ
   メンタリティーのような気もするけどね。(p141)


  ・「きょう、こんなおもしろいことがあったんだ」って
   しゃべってくれるコが好きだなあ。(テリー)(p84)


▼引用は、この本からです。

テリー&中谷の人生のツボ (王様文庫)
テリー伊藤 中谷 彰宏
三笠書房
売り上げランキング: 2860
おすすめ度の平均: 4.0
5 あくの強い二人
1 はいはい、あんたがモテるのは分かりました。
5 中谷氏の恋愛本の中で最高のデキ
4 まさに人生のツボ

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■著者紹介・・・テリー伊藤

 1949年生まれ。大学卒業後、テレビ製作会社入社。
 「元気の出るテレビ」などヒット番組やCMを手掛け、
 天才演出家として活躍。


■著者紹介・・・中谷 彰宏(なかたに あきひろ)

 1959年生まれ。大学卒業後、博報堂入社。
 1991年独立。著書多数。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gif
にほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)