「運のある人、運のない人/"もっている人"は、人とは逆のことをやっている」中谷彰宏

| コメント(0) |

運のある人、運のない人/

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■この本で、"運のある人"の定義は、
 見えない工夫をしている人です。


 つまり、天才とは、
 見えない努力をしている人。


 常に先回りをして、
 地道な作業をしているのです。


・運がある人になるためには、
 先まわりとコツコツ
 やればいいのです(p43)


■うまくいく人は、
 毎日うまくいくための
 行動をしています。


 つまり、
 習慣化されている。


 習慣化されているからこそ、
 その努力を続けることが
 できるのです。


運は、ルーティンから生まれる(p79)


■"運は、精神論ではなく、
 小さな工夫で手に入る。"
 が帯のタイトルです。


 もっている人は、
 小さな当たり前のことを
 コツコツやっているのです。


 中谷さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・あと100回はずれてもまだ引くよ・・
 ハズレを、
 人よりたくさん引こう(p112)


・今日を変えないで未来を変えようとする人が、
 運のない人です。
 運のある人は、未来を変えるために
 今日を変えられるのです(p110)


・「この1本は100回見たい」と思うような
 1本にめぐり会うために、
 100本見るのです(p152)


・どんな小さな仕事、地味な仕事、
 注目されない仕事でもやりたいと思う人は、
 学習してきた人です(p176)


・運のある人は、
 難しい問題にぶつかったときに
 「奥が深いですね
 と言います(p65)


・うまくいきすぎたら
 「簡単すぎて面白くない」と感じるのが、
 運のある人の考え方です(p181)


・希望は人から与えられるものではありません。
 希望とは「未来を組立てること」です(p202)


【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)