「いつも「自分」だけ責める人」加藤諦三

| コメント(0) |

いつも「自分」だけ責める人  被責妄想は「うつ」の前兆 (角川oneテーマ21)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■世の中には、
 「いつも「自分」だけ責める人」と
 「いつも「相手」だけ責める人」と
 がいます。


 不満でイライラしている人は、
 弱い人を責め、
 弱い人は、「自分が悪かった」
 と反省する。


 イライラしている人は、
 自分が失敗したときは
 笑ってごまかします。


 学校では部活動で、
 家庭では嫁姑の間で、
 会社では上司と部下の間で
 そういうことがおきています。


・怖くないことを怖がっている人の何と多いことか。
 世の中を見ていると
 悪いことをしている人が、堂々としていて、
 悪いことをしていない人が、
 ビクビクしている
ことがある(p166)


■攻撃する側としては、不満なことがあり、
 それを解消できない自分にも
 イライラしている。


 不満と同時に、
 自分の能力への不安もある。
 余裕がないのですね。


 そうした不安を解消するために
 怒っているのですから、
 攻撃する相手は弱い人です。


 なぜなら、反撃する人は、
 自分の不安を増大させる。


 楽になるために攻撃したのに、
 不安が増すようなら、
 攻撃する意味がありません。


・とにかく相手を蔑視して
 「どうしてお前はそんなにダメなんだ」と
 相手を蔑視することで、自らの不安を解消する。
 だから時に大変な美人が「私は不美人だ」と言って
 ノイローゼになるのである。(p80)


■嫁姑、年下部下のように、
 こうした構図は
 決してなくならないのでしょう。


 逆にこうした構図がわかれば、
 少し気が楽になるのかもしれない。
 逃げることができるのかもしれない。
 状況を録音したうえで、
 人に相談できるかもしれない。


 加藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・殆どの人は理想の環境で成長していないのだから、
 性格的にはどこか歪んでいるところがある。
 素直な人というのは極めて珍しい(p31)


・心理的に健康な人は
 「別にありのままの自分で良いではないか」
 と思う。
 しかし理想の自画像に固執する人にしてみれば、
 理想の自画像の実現以外には、責められることを
 免れる方法がないのである(p91)


・現実の世の中にはいつも喧嘩腰の態度の人がいる・・
 不満からの攻撃であると同時に
 不安からの攻撃でもある。
 そういう人は、不安を逃れるために
 攻撃的になっているのである(p74)


・「相手を怒らしたら怖い」
 と思って結局何も出来ない。
 その怯えた態度が相手をつけあがらせる(p165)


・苛める人は、自分に立ち向かってこない人を
 苛める
のである。
 苛められる人は、相手の言う
 不当なことに従っていってしまう。
 苛められた人は何とか相手を
 なだめようとして苛めに対応する。
 その弱い態度が相手の苛めをエスカレートさせる(p164)


・よく「こんな馬鹿な奴らが偉そうにして、
 世の中間違っている」とイライラしている人が多い・・
 自己実現して自分に満足している人は
 世の中のことでそれほどイライラしない。
 自己実現している人は直接自分に
 関係の無いことはほうっておける(p146)


・「・・さえなければ」という言い訳が始まる・・
 よく「あのことさえなければ」と言う人がいる。
 「あいつさえいなければ」とか・・
 つまり物事がうまくいかないときに、
 うまくいかない原因を「あいつ」のせいにする・・
 あの妬み深い上司さえいなければ私はもっと・・(p117)


いつも「自分」だけ責める人  被責妄想は「うつ」の前兆 (角川oneテーマ21)
加藤 諦三
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 280,060

【私の評価】★★★☆☆(77点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 なぜコミュニケーションできないの
第2章 被責妄想が人間関係をこわす
第3章 被責妄想は治る、人生は変えられる


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)