本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「リーダーの星―リーダーに生まれた君の33の魔法」中谷 彰宏

2014/12/24公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーの星―リーダーに生まれた君の33の魔法


【私の評価】★★★★☆(82点)


要約と感想レビュー

■リーダーとは、
 組織の仕事を仕切る人。
 鍋でいえば鍋奉行でしょう。


 リーダーしだいで
 その鍋の味が変わります。


 だから、リーダーの責任は、
 非常に大きいし、
 部下も注目するのです。


・力が部下と逆転した時には、リーダーを譲るべきです・・・「より遠くまで、より高いところまで」ものを見ている人が、リーダーです(p45)


■だから、部下からリーダーが
 なめられないためには、
 真剣さが必要です。


 知識が、足りないかもしれない。
 経験も、足りないかもしれない。


 ただ、組織をよくしていきたい!
 という思いで負けてはいけないのです。


 部下は本質を
 すぐに感じ取って
 職場の雰囲気が変わります。


・年下のリーダーがなめられないためには、「本気さで、負けない」ことです・・ なめられるのは、志で負けているからです(p105)


■リーダーは常に職場のこと、
 仕事のことを考えていなければなりません。


 そうしないと部下からリーダーとして
 認められない。


 それがリーダーなのだと
 思いました。


 中谷さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・ほうっておくことが、一番モチベーションを下げるのです。部下に対して「今は叱らないほうがいい」というのは思い込みです(p52)


・部下を1から10にするには、自分が100になることです・・・言っても、はなから通じません。言っても通じない相手に言い続けるのが教育です(p93)


・自分も「育ててもらった」・・・きちんとしたお客様と、先輩です・・・この両者に育ててもらったお返しを、今度はリーダーが部下にする番です(p71)


年上の部下への指示は、お願いする形にします。・・・「助かります」「ありがとうございます」と言えます。(p105)


・会議は、ほうっておくと関係ないほうへ話題がそれていきます・・・「その話は今度しよう」と言えるのが、リーダーなのです(p22)


・一度起こった事故を二度起こさないのが、リーダーの仕事です(p36)


リーダーの星―リーダーに生まれた君の33の魔法
リーダーの星―リーダーに生まれた君の33の魔法
posted with Amazonアソシエイト at 14.12.23
中谷 彰宏
中谷彰宏事務所
売り上げランキング: 221,438


【私の評価】★★★★☆(82点)



著者紹介

 中谷 彰浩(なかたに あきひろ)・・・1959年生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。1984年、博報堂に入社し、CMプランナーを務める。1991年、独立、(株)中谷彰宏事務所を設立。著書は、800冊を超す。「中谷塾」を主宰し、全国で、セミナー・ワークショップ活動を展開。2008年からは自社で「中谷塾」ブランドの書籍を刊行。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: