人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例」中谷 彰宏

2017/01/20公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例


【私の評価】★★★☆☆(71点)


要約と感想レビュー

 人生とは山あり谷あり。直線もあれば、曲がり角もある。曲がり角をどう曲がるかで人生は大きく変わっていくのでしょう。


 著者は谷にあったとしても、ステップアップのための転機であるというのです。


・長く続いていたいろいろなものが終わり始めるのは、自分がワンステップ上がるための転機を迎えているからです。だから、落ち込まなくていい(p23)


 曲がり角で注意すべきことは、悪口を言わないことです。曲がり角では、自己弁護のために環境が悪い、周囲が悪いと言ってしまいがち。悪口からは建設的な結果は生まれないのです。


 いかに曲がり角を、良い方向への転機にできるのかどうか、考えて行動することなのでしょう。


・「曲がり角」で悪口を言うと、転ぶ」・・悪口は、人生のブレーキになります(p114)


 中谷さんの曲がり角は、どこだったんだろうかと思いながら読みました。博報堂を辞めたとき?本が売れ始めた時?どんなことがあったのでしょうか。


 中谷さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・曲がり角を走っていく時は、「好き・嫌い」、「気が進む・進まない」というある種の勘を優先しましょう(p50)


・「今、自分は何かを経験し、何かと交流し、何かを学んでいるだろうか」と常に考えながら転機を楽しみましょう(p60)


・「将来やりたいこと」と「今やりたいこと」の両方を持とう(p68)


▼引用は下記の書籍からです。
ターニングポイントに立つ君に―転機でステップアップする50の具体例
中谷 彰宏
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 713,731


【私の評価】★★★☆☆(71点)



目次

大きな出会いがある時は、「曲がり角」にいる。
「曲がり角」に差しかかると、あらゆることが終わる。
身の回りのものが壊れるのも、「曲がり角」の前兆。
携帯電話から不要な番号を削除すると、身軽になれる。
今の仕事をきちんと終えると、次のチャンスが来る。
きちんと引き継ぎをすると、次のチャンスが来る。
1歩踏み出すと、景色が変わって、道が見つかる。
「曲がり角」は、曲がりながら上がっている。
直線は、どこまで行っても上には上がれない。
どんな小さい仕事でも、誰かが見ている。
同じ質問を2回する人は、アドバイスしてもらえなくなる 他


著者紹介

 中谷彰宏(なかたに あきひろ)・・・1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。1984年、博報堂入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。1991年、独立し、(株)中谷彰宏事務所を設立。ビジネス書から、恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのベストセラー、ロングセラーを送り出す


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: