「心の中に火をつける50のヒント」中谷 彰宏

|

心の中に火をつける50のヒント

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■トイレに行こうとして、
 なぜか中谷さんの本が目に入り、
 トイレの中で読み切りました。


 いつもの、つらい時に、
 成功するまで頑張る気持ちを
 応援してくれる一冊です。


 こうしたアドバイスは、
 経験した人でないと
 難しいんですよね。


成功へ続く階段は、
 上にではなく、
 底にある。
 もっと落ち込もう。(p54)


■どん底ともいいえる辛い経験は、
 上に上がる階段です。


 つらいから、
 何とかしようとする。


 つらいから、
 それに耐える方法を考える。


 それが、結果して自分を鍛え、
 次のステップに
 向かわせてくれるのです。


行き止まりだと
 思っているもののほとんどは、
 踏み切りにすぎない。(p20)


■自分に合わないことからは、 
 逃げること。


 ただ、逃げられないことは、
 なんとかステップアップを考える。


 そうすれば次の段階に
 行けるのだと思いました。


 中谷さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・思い切って始めなくいい。
 「なんとなく」始めよう。(p24)


・「あいつはバカだ」
 と言われない人は、
 何も新しいものに
 挑戦していない人だ。(p40)


・気持ちを建て直すコツは、 
 着替えることです。
 会社や学校で嫌なことがあった日には、
 家に帰ったら、さっさと着替えましょう(p93)


・すでに「才能」のカードを持っているとしたら、
 「礼儀」のカードを入手しましょう


・笑えない時に笑うのが、
 ユーモアだ(p68)


・休まない人は、
 24時間営業の
 大浴場のようなもの。
 「心の掃除」ができない。(p50)


・挨拶は一人一人にしよう。
 まとめてしたのでは、
 挨拶したことにならない。(p82)


心の中に火をつける50のヒント
中谷 彰宏
三笠書房
売り上げランキング: 496,271

【私の評価】★★★☆☆(71点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』


■目次

チャンスは、24時間走り続ける
ニューヨークの地下鉄。最終便はない。
行き止まりだと思っているもののほとんどは、
踏み切りにすぎない。
成功への壁は、車の窓ガラスのようなもの。
割れにくいかわりに、ヒビは入りやすい。
自分の限界を見つける方法は2つしかない。
できるところまでする方法と、
できないところまでする方法。
たくさんのボールペンを使うより、
一本のボールペンを使い切るほうが、幸せだ。
コーンフレークのオマケは、袋の底に入っている。
私たちは、見えない敵とケンカして
転んでいる酔っ払いみたいなもの。
転んだ人が、最もいいスタートを切る。
本人曰く、「転んだのではない。
クラウチング・スタートだ」 他


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)