「現代語訳 西国立志編 スマイルズの『自助論』」サミュエル・スマイルズ

| コメント(0) |

現代語訳 西国立志編 スマイルズの『自助論』 (PHP新書)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■1859年発行された
 サミュエル・スマイルズの
 自助論(Self-Help)です。


 自ら助くる・・
 つまり努力する人が
 成功するということです。


 天才とは、
 努力し続けられる人の
 ことなのですね。


・「天は自ら助くる者を助く
 これは、今まで人類が経験してきた
 すべての成功と失敗の
 経験から生まれた言葉です(p28)


■ナポレオン・ヒルの
 「思考は現実化する」と同じように、
 次々と成功者の例が出てきます。


 そこでは、成功者は
 必ず苦難と挫折を
 味わっている。


 しかし、だれもが、
 そこから立ち上がり、
 努力して成功しているのです。


逆境や苦難は非常に厳しい教育内容ですが、
 才知はまさにこの中に在しています。
 あなたは才知をここから得られるのです(p498)


■「苦難は幸福の門
 だとわかりました。


 そういえば、
 ドラゴンボールの孫悟空も
 死にそうなくらいに打ちのめされた後に
 強くなるのです。


 スマイルズさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・困難というものは、
 労苦に耐える力を引き出し、
 非凡な才能を生み出させます(p40)


・強い志を持った人は、どのようなごたごたや
 苦労やひどい状況が起こったとしても、
 それらのことをものともせず、
 懸命に目的に向かって突き進むので、
 長い目で見ると、確実に目標に
 近づいていくものなのです(p309)


・ウィルスキーはいつもこう言っていました。
 「私が絵に上達したのはほかでもありません。
 絶えず努力したからです(p277)


・人間がもし希望を失ってしまったら、
 これを埋め合わせるものは
 世の中には存在しません(p171)


・ミケランジェロは答えました。
 「・・些細なことこそが全体の美を形作るのです。
 全体の美はこの彫刻にとって
 ちっとも些細なことではありません(p201)


・人間の価値は、常にその友人の持っている価値によって
 決められるものなのです。あなたの友人は、
 あなたと同じくらいか、もしくはあなたよりも
 優れた人でなくてはいけません(p532)


現代語訳 西国立志編 スマイルズの『自助論』 (PHP新書)
サミュエル・スマイルズ
PHP研究所
売り上げランキング: 130,385

【私の評価】★★★★☆(80点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』


■目次

自助の精神
発明・創造により国家を富ませた偉人たち
忍耐力こそ成功の源泉である
勤勉な努力と忍耐が成功を生む
いかにしてチャンスをつかむか
天才はどう作られるのか―芸術の分野で成功を収めた人たち
誰もが成功して偉くなることができる
意志の持つすばらしい力
仕事に励むことが人格を形成する
金銭の用い方
自分自身の力で向上することについて
従うべき手本について
品行について、真の君子について論ず


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)