本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「パリわずらい江戸わずらい」浅田 次郎

(2017年1月19日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリわずらい 江戸わずらい (小学館文庫)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■JALの機内誌で連載された
 旅をテーマとした
 浅田 次郎のエッセーです。


 浅田 次郎といえば、
 「一路」「壬生義士伝」といった
 歴史小説から、

 
 「椿山課長の七日間
 「天国までの百マイル
 といった人情ものまで、


 私もお気に入りの作家です。


 作家は嘘の世界を書く仕事ですが、
 小説のストーリーは
 夢からアイデアをもらうらしい。


・長らく夢と付き合っているうち、
 近ごろではこの別世界を相当に
 支配できるようになった。
 まず寝入りばなに、
 「本日のテーマ」を考える
(p212)


■そして、旅行好き。


 日本、海外と
 飛び歩いているようで、
 そのぶん話題も多い。


 忘れ物ネタ。

 食い物ネタ。

 病気ネタ。


 旅とは人生なのかも
 しれませんね。


・パスポート。エアチケット。
 クレジットカード。・・
 何を忘れてこようが、この三つさえあれば
 とりあえず旅は続けられる(p9)


■好きな小説家の日常を
 知るのも善し悪しだと
 思いました。


 小説家は謎のままでいい。


 浅田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・見てきたような嘘をつくのが
 小説家の特権であるにせよ、
 実際に見てきた人々に対して
 責任を負えるだけの嘘が
 つけるかどうかと思えば、
 不安どころか恐怖心さえ覚える(p37)


・物語はその十日間の道中を
 ロードムービーふうにたどるので、
 私も連載中に旧中山道を踏破しようと決めた。
 取材というより、行列の一員となって
 この架空の旅を体験するのである(p127)


・2009年の十月に国際ペン大会参加のため
 オーストリアを訪れたとき、
 まず驚いたのは料理のしょっぱさと、
 デザートの甘さであった(p41)


・建軍期の日本は海軍がイギリス、
 陸軍はフランス、のちにドイツを範とした。
 軍医もおおむねその通りに留学したので、
 脚気についても海軍はイギリスの
 「栄養由来説」を採り、陸軍はドイツ医学の
 「細菌説」を信じていた(p142)


パリわずらい 江戸わずらい (小学館文庫)
パリわずらい 江戸わずらい (小学館文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 17.01.18
浅田 次郎
小学館 (2016-12-06)
売り上げランキング: 7,593

【私の評価】★★★☆☆(72点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

旅の仕度
時差ボケ
袖ふりあうも多生の縁
国際会議
夕焼け小焼け
減糖減塩
五十八歳の奇跡
和風回帰
家紋のゆくえ
カナシバリ同好会他


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: