本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「一路(上・下)」浅田次郎

本のソムリエ 2016/10/31メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「一路(上)」浅田次郎「一路(下)」浅田次郎


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

 江戸末期、実家の火事で父を亡くし、父の跡を継いで江戸への参勤交代を指揮することとなった一路さんの物語です。


 実家の出火は家の断絶にも相当する過失。もしも参勤交代で不手際があればお家断絶、と追い詰められます。一路は突然の訃報で引継ぎもない中、家宝の古い参勤交代のマニュアルをもとに参勤道中を行うことにしました。古式にのっとった参勤交代は、ゆったりした道中ではなく戦へ行軍するようなものでした。


・御殿様はふと考えた。二百数十年の時の間に、おろそかにしてはならぬものばかりが消え、どうでもよいことばかりが残っておるのではあるまいか、と(上p125)


 12月の中山道は雪や山越えあり、御姫様との出会いがあり、御殿様の後見人の陰謀あり。もともと実家の火事もお家を乗っ取りを謀る勢力の陰謀だったのです。そうした陰謀を知ってか知らずか80名の家来は、一路の指揮のもとにまとまって行軍していくのでした。


・家来の働きぶりについて軽々に評価をしてはならぬ。声にして褒めれば権威となり、貶めれば必ず罰が下される。御殿様の発言とはそうしたものであった(下p12)


 浅田次郎さんらしくユーモアあふれ笑える一冊でした。映画やテレビにぴったりだなあと思っていたら、ドラマ化されているようですね。


 浅田さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・殿様というはあらかたか馬鹿なのである。馬鹿ゆえの殿様なのか、殿様ゆえの馬鹿なのかはわからぬが、その中にあっておのれは、相当にマシなほうであろうと常々思っていた。しかし、馬鹿と較べてばかりいたのでは、おのれが馬鹿かどうかはわからぬ(上p136)


・早い話が、殿様は木偶(でく)に近いほど名君と呼ばれるのである。政(まつりこと)に口を出すなどもってのほか、家来たちの批評はむろんのこと、正室側室の好みですら声にしてはならなかった(上p144)


・中山道はあらかた山間の道中にもかかわらず、あんがいなことに六十九次のうち湯宿は、この下諏訪ひとつきりであった(上p322)


・今もことあるごとに考える。父上ならばどうなさってであろう、と(下p7)


一路(上) (中公文庫)
一路(上) (中公文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 16.10.30
浅田 次郎
中央公論新社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 11,625

一路(下) (中公文庫)
一路(下) (中公文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 16.10.30
浅田 次郎
中央公論新社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 14,377


【私の評価】★★★★★(90点)



著者紹介

 浅田 次郎(あさだ じろう)・・・1951年生まれ。1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。1997年『鉄道員』で直木賞受賞。2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。その他著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: