本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント」矢野 絢也

(2014年6月22日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント

【私の評価】★★★★★(92点)


■1989年、創価学会の廃棄金庫から
 大蔵省印刷局の帯封付の1億7000万円が
 発見されたことからすべては
 はじまりました。


 1990年、国税庁が創価学会の
 査察に動きだしたのです。


 ただ、公明党は国会の議席を背景に、
 国会運営を左右する影響力を持つことから、
 官僚からは「公明党を敵に回すと
 どんな報復を受けるかわからない」
 と怖れられているのです。


 すべては国税庁と公明党との
 交渉によって創価学会の査察方針が
 決まっていきました。


・この日の国税庁側の出席者は角谷氏(国税庁長官)の他、山口厚生直税部長、吉川勲四郎調査課長ら五人・・・「本来、社長、重役の自宅、職場も伝票などの精査をやるのは当然だが、学会の場合は今回は抑えている。こんなこと外に漏れたら大変」(p86)


■当時、創価学会では、
 税務調査が入らないのをいいことに、
 税務上不適切な処理が行われていました。


 まず、墓石販売が
 課税対象であるのを承知で、
 すべて非課税にしていた。


 池田名誉会長と夫人の支出はすべて
 学会持ちのため、池田個人の所得と
 認定される可能性があった。


 財産目録にない絵画が多数あり、
 信者の寄付も表に出せない状況で
 あったのです。


・墓苑事業の中には、墓石販売など課税対象になるものが含まれていた。ところが、当時、学会は墓苑事業すべてを非課税の公益事業扱いにして、墓石販売などについてもいっさい税金を支払ってこなかった(p72)


■そこで、創価学会は公明党の著者を窓口に
 国税庁に圧力を加えて時間を稼ぎながら、
 資料の改竄を進めていきます。


 そして、ある程度の落としどころが
 決まった1991年。
 ルノアール事件が発覚します。


 三菱商事を経由して創価学会系の美術館が購入した
 ルノアールの絵画取引にからんで15億円が
 行方不明となったのです。


・ルノワール絵画の取引現場に立ち会った「立花」の女性役員が国税庁の事情聴取を受けた後、家族や知人に「自分は仲介役をしただけで金はもらっていない。しゃべれば殺される」と話し、その後姿をくらましている(p183)


■最後は、竹下元首相の尽力により、
 池田名誉会長への追徴課税は
 ゼロとなりました。


 その後、公明党は
 竹下元首相の皇民党事件を追求し、
 竹下潰しに動きます。


 著者は"それが学会の本質だ"
 としています。


 創価学会の乱脈経理の尻拭いのために、
 国会での政策を妥協し、
 国税庁に圧力をかけた公明党。


 公明党内にも、理想とする政策が実行できず、
 非合法の活動に加担せざるをえない
 心の苦しみがあることがわかりました。


 矢野さん
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・池田名誉会長が秋谷、八尋両氏を「国税庁対策で結果を出すまで俺の前に現れるな」と叱りつけたらしく、それで秋谷氏はあわてたのだ。「結果を出すまで来るな」は、人を動かす際の池田氏の常套句である(p230)


・香峯子夫人もこの当時、学会内で特に役職を持たなかったが、私的な買い物を含め、どこに行くにも学会の運転手付きの車で送り迎えしてもらっていた。こうしたことは学会本部の日程表や車輛日誌に記録されていた。あまりに公私混同が明白なので学会側は急いで夫人に関する記録を破棄した(p93)


・学会本部の幹部職員から、相変わらず本部内で帳簿の改竄が続いているとの報告があった。「人の名前を変更したり物品名を変えたりしている。美術品や池田氏への贈答品などを運搬している日本図書輸送の輸送日報の改竄が、まだできていない(p268)


・八尋氏はこれらの扱いは要注意だと前置きして、「激励費は29億円、財務は昨年1400億円。会食費などが6億円でこの明細は出せない。海外もいろいろあり出せない。墓苑はある程度やむを得ない」と話した(p123)


・名誉会長はこう話していた。"子弟の道とは師匠の仇を弟子が討つことだ。塚本(三郎民社党元委員長)の暴言を石田(公明党委員長)は見逃した""仇を討て!私を守れ!感謝の気持ちを持て!学会を守れ!"・・・"選挙の勝利はすべて学会のお蔭。俺のお蔭だ。史上空前の選挙をやった"(P318)


・フランスでは、この条件に照らしSGIフランスを含む172団体がカルトと認定された。・・フランスでは正式にカルト認定する前から、池田氏をカルトの領袖とみなし、入国を忌避していた(p297)


・大阪で(創価学会の)西口総関西長と会談した。「本山の猊下(げいか)が脱税しているという投書を国税庁に二度出させた。まもなく本山に国税が入るらしいという情報がある」そう言って西口氏がニヤリと笑った。(p320)


乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント
乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント
posted with Amazonアソシエイト at 14.06.21
矢野 絢也
講談社
売り上げランキング: 153,024

【私の評価】★★★★★(92点)



■目次

第1章 押し付けられた交渉役
第2章 ブラックボックスだらけの学会会計
第3章 国税幹部たちとの攻防
第4章 ルノワール事件と宗門戦争
第5章 竹下登か小沢一郎か
第6章 そして闇は残った


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: