本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人生の大則」藤尾秀昭

2014/06/23本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の大則


【私の評価】★★★☆☆(71点)


内容と感想

■人間学を学ぶ雑誌「月刊『致知』」から
 特集テーマをまとめた一冊です。


 人間学ですから、
 いかに生きるのかということ。


 ただ、一回の人生を
 私たちは生きているのです。


・絶対不変の真理・・・
 人は必ず死ぬ・・・
 自分の人生は自分しか生きられない・・
 人生は一回限りである(p7)


■一度きりの人生ですから、
 私たちは人生初心者と言えるでしょう。


 その初心者が自分という乗り物に乗って、
 人と係わりながら社会という
 海を渡っていく。


 人に助けられ、
 学び、
 その旅を楽しむことが
 大事なのでしょう。


・真剣に生きる・・
 恩を忘れず、恩を返す・・
 いまここに生きる・・
 学ぶ(p23)


■一度きりの人生に何をするのか。


 それが決まれば、
 やることも決まります。


 思ったより単純なのかも
 しれません。


 藤尾さん
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・どんな人と一緒になっても、どんなことに出くわしてもつぶされない人格をつくり、幸せに楽しくいられるような人になりたい
 坂田道信(p18)


・花は香り人は人柄(p64)


・三つの本能・・・
 一は「生きたい」
 二は「知りたい」
 三は「仲間になりたい」
 林成之(p17)


・絶対に成功しないという条件・・・
 一つは言われたことしかしない人、
 二つは楽をして仕事をしようとする・・
 三つは続かないという性格・・・
 そして四つはすぐに不貞腐れる人である(p38)


人生の大則
人生の大則
posted with Amazonアソシエイト at 14.06.22
藤尾秀昭
致知出版社
売り上げランキング: 8,460


【私の評価】★★★☆☆(71点)



目次

第1章 絶対不変の真理
第2章 大人の幸福論
第3章 いまをどう生きるのか
第4章 人生の秘訣
第5章 成功者の共通点
第6章 絶対に成功しない条件
第7章 創業の精神
第8章 上に立つ者の条件
第9章 切に生きる
第10章 人生の大則


著者紹介

 藤尾 秀昭(ふじお ひであき)・・・1978年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。1979年に編集長に就任。1992年に致知出版社代表取締役社長に就任。現在代表取締役社長兼編集長。『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた雑誌である。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: