「長の十訓」藤尾秀昭

|

長の十訓

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■組織の長の心得について
 特集した一冊です。


 安岡正篤、佐藤一斎、坂村真民などの
 名言からが出てくるところから
 非常に真面目な内容とわかりますね。


 組織の長によって、
 組織の成果が変わるのですから、
 その責任は非常に大きいのです。


・人の一生は順境もあれば、
 逆境もある。
 逆境に処してはやけにならず、
 順境にあっては怠け心を起こしてはならない。
 (「言志四録」佐藤一斎)(p40)


■こうした古典に
 真理が書かれてあることは
 事実だと思います。


 それをどれだけ
 自分の仕事に活かせるのか。


 そこが勝負なのでしょう。


 藤尾さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・第一に古今のすぐれた人物に学ぶことです。・・
 次に大事な条件は、怯めず、臆せず、勇敢に、
 己を空しうして
、あらゆる人生の経験を
 嘗め尽くすことです(安岡 正篤(まさひろ))(p11)


・第一人の人生を生きるとは、
 自分の人生に責任を持つことである。
 言い換えれば、人は皆、自分の人生の
 リーダーとして生きなければならない(p51)


・すべて
 とどまると
 くさる

 このおそろしさを
 知ろう
 つねに前進
 つねに一歩(坂村真民)(p70)


・適切な目標を示さず、
 社員に希望を与えない経営者は失格である
 (松下幸之助)(p79)


長の十訓
長の十訓
posted with amazlet at 15.04.26
藤尾秀昭
致知出版社 (2015-04-18)
売り上げランキング: 216

【私の評価】★★★☆☆(74点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 長たる者の器量
第2章 壁を越える
第3章 生気湧出
第4章 場を高める
第5章 心を養い生を養う
第6章 知好楽
第7章 修身
第8章 歩歩是道場
第9章 常に前進
第10章 長の一念


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)