お笑いニッポンの教育」テリー伊藤 和田 秀樹

|

お笑いニッポンの教育

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■日本の教育は、
 「ゆとり」で没落してしまいました。
 人間、楽をしては進歩しません。


 ある程度、強制して、やらなくては、
 進歩しないのです。


 ・「強制力がないと人間はやらない」
  という人間の悲しい性に、
  まだ気がついていないような
  気がするんです。(和田)(p35)


■たとえば、百マス計算や、文章の暗唱は、
 単なる作業に見えるかもしれませんが、
 それをすることによって、
 できた自分を確認する作業にもなるのです。


 ・百マス計算というのは他人とスピードを競うんじゃなくて、
  「昨日の自分よりどれだけ進歩したか」という
  自分との戦いなんです。(和田)(p50)


■やはり勉強はしなくてはならないのですが、
 具体的提言が少なかったので、
 本の評価としては、★2つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ユダヤの教育って何かといったら、
  基本的には「物理的な財産のストックよりも、
  自分の頭の中を大事にしろ」
  という考え方なんです。(和田)(p70)


 ・じつはいまのスパイの仕事って情報を取ることじゃないんです。
  むしろ、自国に都合がいいように世論を誘導する・・・
  アメリカの大学教授でCIAの息がかり
  というのがいっぱいいる(和田)(p192)


 ・やっぱり外の風に当たるという経験が
  大事なんだよね。(テリー)(p205)


 ・文科省は、その20%にもっと丁寧に教えようとか、
  彼らのために特別クラスをつくってやろうと
  いうことを推進するんじゃなしに、
  「20%に合わせるために内容を減らせばいい」
  という最悪の方法論を選んだ(和田)(p240)


▼引用は、この本からです。

お笑いニッポンの教育
テリー伊藤 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 593851
おすすめ度の平均: 4.0
3 玉石混交、ではありますな
5 学校は最低限だけやればいい
3 テリーさん、チョット喋り過ぎ!
4 やはりそうですね
5 日本の将来が心配になりました

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)