「精神科医が教える 自分のままで幸せになる恋愛術」和田秀樹

|

精神科医が教える 自分のままで幸せになる恋愛術

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■私の恋愛観に近いなぁ
 と思いながら読んだ一冊です。


 恋愛では自分磨きも大切ですが、
 もっと大切なのは
 自分に合った人を探すことです。


 自分が好きな人も大切ですが、
 自分を好きになってくれる人も
 大切だと思うのです。


・自分磨きよりも「素の自分」を
 愛してくれる人を探す(p111)


■では、どうやってそうした
 相手を探すかといえば、
 場数を増やす。


 知っている異性が増えれば、
 チャンスが増えるし、
 話をする機会も増える。


 一人とつき合うより
 複数とつき合ったほうが
 異性との接し方にも
 慣れるということです。


・出会いがなければ、つくればいいのです・・・
 とにかく「打数」を増やすことを考えるのです・・
 とにかく、自分の興味の対象を
 出会いの場に繋げるのです(p54)


■食事をするくらいなら
 何人とでもお付き合いする
 べきだと思います。


 そうした複数の候補の中から
 選んでいるという立場になれば
 かなり気楽に対応できるのでは
 ないでしょうか。


 和田さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分のニーズを知れば、
 満たしてくれる相手が見つかる(p23)


・相手がニーズに合わなかったら、
 さっさと変えればいいのです・・
 いったんつきあったらすぐには別れを
 切り出しにくい、ということがあるようですが、
 そもそもそれが間違いのもとなのです(p28)


・わたしは二股もより、三股だって
 悪くはない、と考えています・・・
 本命選びの段階と"前向き"に捉える。
 相手がどんな人なのかは、ある程度
 つきあってみないとわかりません(p107)


・人には「追えば逃げたがる、逃げれば追いたがる」
 という心理が働きます・・・
 代わりはいくらでもいる、とタカを括る。
 それも恋愛をするうえで、
 備えておくべき心がまえです(p91)


・場数をたくさん踏んで場慣れしていくほど、
 その耐性は強化されます。
 フラれてもたいしてこたえなくなる(p73)


・20年先、30年先にどうなっているか。
 そこに思いを馳せてみるのです。
 そして、その人が将来も一緒に
 生きていける人かどうか、という視点で
 相手をウォッチしてみましょう(p173)


・マメに連絡をとる、
 それほど期間をあけずに会う、
 おたがいをもっと知るために話をする・・
 フォローとしてはそうしたことが
 あげられるでしょう(p97)


・生まれた家庭も違えば、育った環境も違う。
 受けた教育も周囲の人間関係も異なっている男女が、
 夫婦であろうと、恋人同士であろうと、
 一心同体になれるわけなど、
 そもそもあり得ないのです(p36)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


精神科医が教える 自分のままで幸せになる恋愛術
和田 秀樹
海竜社
売り上げランキング: 600,456

【私の評価】★★★☆☆(79点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

序章 「自分のため」の恋愛をする
第1章 一人の相手に「すべて」を求めない
第2章 「出会いがない」は幻想
第3章 「うまくいかない」ときこそチャンス
第4章 「思い込み」があなたを不自由にしている
第5章 魅力的な人になるために「すぐ」できること
第6章 男女の心理はもともと「違う」
第7章 幸せな関係を「長く」続ける
終章 人生の「最終面」で幸せか



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)