本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「イチローの功と罪」野村 克也

(2019年12月27日)|

【私の評価】★★★★☆(83点)


■イチローがアマ指導者資格回復研修を
 受けているというニュースを見て
 手にした一冊です。


 プロアマ協定によりプロ野球選手が
 高校生を指導することは禁止されており、
 指導するためには研修を受けなくては
 ならないという。


 なんとも日本的なルールですが、
 イチローも野村監督もこのルールには
 不条理を感じているという。


 不条理とはいえルールはルール。
 イチローも問題意識を持ちながら
 研修を受けたのでしょう。


・イチローの指摘どおり、高校生を直接指導することはプロアマ協定で禁じられていた・・私もこんなおかしな制度はないと、憤慨していたものだ・・イチローがそういった問題を気にしてくれるなら、実際に動いて、問題を解決してもらいたいものだ(p104)


■イチローは野村監督と同じように
 考えて野球をやるタイプのようですが、
 野球観は正反対。


 イチローは個人記録アップのために
 ヒットを増産することだけ考え、
 四球を狙える状況でも、ヒットを狙って
 ボールぎみの球も打っていくのだという。


 野村監督に言わせれば
 イチローくらいになったらチームの
 勝利のためにヒット増産だけを
 狙うのではなく、四球を狙う、
 走者を進めるなどチームプレーに徹して
 もらいたいということなのでしょう。


 イチローにすれば個人として結果を
 残さないと、チームに評価されないという
 現実があるじゃないですか・・・
 ということなのでしょうか。


・イチローと違って謙虚な松井は、監督ができると思う。性格は正反対といっていい。リーダーとしての器の大きさがある。ところが2012年に現役引退してから早くも7年目。一向にユニフォームを着る気配はない。そもそも高橋由伸が巨人の監督になったのは、松井が断ったからといわれている(p116)


■面白いのは、
 野村克也さんのボヤキと一緒に
 プロ野球の裏話が聞けることでしょう。


 へー、高橋由伸が巨人の監督になったのは 
 松井秀喜が監督を断ったからなんだ・・・
 という感じです。


 ただテレビでナイターを見るより、
 野村監督の本を読んだほうが
 私には面白く感じるようです。


 野村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・昔の外野手はポジションで素振りの構えをして、イメージバッティングをしている選手が多かった。要はヒマなのだところがイチローは、いつも送球するモーションを繰り返し、いつ飛んできてもいいように、準備していた(p74)


・今のイチローはどう見ても組織の上に立つ、リーダーのタイプには見えない。監督やコーチといった指導者もやらないと言っているのは、それはそれである意味正解かもしれない。謙虚な姿勢も足りないように見える。功はは人に譲る。手柄を人に譲るという性格ではない。"俺が俺が"というように見える(p114)


・イチローや松井が監督をやらないというのは、我々の世代だとONが監督をやらないのと同じ。そんなことは許されないし、何よりファンが納得しないはずだ。プロ野球は人気商売なのだから、イチローがユニホームを着れば盛り上がる。ツベコベ言わないで、野球界のために監督をやってもらいたい(p115)


・イチローはどんな野球哲学を持っているのだろうか。私は「とは理論」を提唱している。「打撃とは」「外野手とは」「盗塁とは」「仕事とは」「人生とは」。何でもいい。自問自答し、答えていくことで、考えが深まっていく(p132)


・私は「野球選手は引退してからの人生のほうが長い」とミーティングで指導してきた。やはり野球バカでは恥ずかしい。だから本を読んで、自分を磨いた(p128)


・阪神には悪い伝統があり、タニマチが選手を連れ回す。マスコミもチヤホヤしてスター扱いするため、選手が勘違いしてしまう(p61)


・南海をクビになり、1978年にロッテへ移籍・・ロッテの監督は400勝投手だった金田正一さん。星野仙一もそうだったが、投手出身の監督らしく「気合だ!根性だ!」しかない。こんな監督と私の野球観が合うわけがなく、ほとんど使ってもらえなかった(p87)



野村 克也、宝島社

【私の評価】★★★★☆(83点)


[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 イチローの電撃引退に思うこと
第2章 イチローがプロ野球に与えた功と罪
第3章 イチローの引退会見を検証する
第4章 イチローは今後どうすべきか
第5章 イチローと対戦した日本シリーズ
第6章 選手が引退を決断する時
第7章 記憶に残る日本人メジャーリーガーたち



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録は無料
          配信は『まぐまぐ』を使用。


この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: