本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「敵は我に在り(下巻)」野村 克也

(2009年3月17日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

新装版 敵は我に在り 下巻 (ワニ文庫)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


■楽天ゴールデンイーグルスの野村監督ですが、
 努力の人、そのままでした。


 才能がないから、才能には頼れない。
 頼れるのは、工夫すること。
 努力することだけなのです。


・これほどの、努力を、人はツキといい(p64)


■野村監督の考え方は、
 完全に成功法則にのっとっています。


 自分を知り、目標を立てる。
 そして目標を分割して、やることを決める。
 あとはあきらめずに努力するのです。


・まず、「自分が、どういうタイプか」を見極める。つぎに、「目標をたてる」でしょう。すると必然的に、「道が決まる」のです。あとは、とにかく「徹底してゆく」それ以外にないと思います(p60)


■特に、あきらめないことが大切なようです。
 いかに多くの選手が、あきらめて去っていったのか、
 野村監督は見てきたのでしょう。


・私の体験、あるいは周囲の人たちを見てきた経験からすると、「三ヵ月」では結果は出ない。一つの効果が出始めるのは、「四ヵ月」だと思います・・・何をするにしろ、「継続しなければならない」(p119)


■野球でも何の分野でも、
 成功する人の考え方には一つの
 傾向があるように感じました。


 野村監督もそれを感じさせてくれる人です。
 本の評価としては★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・打たれた悔しさが残る、反省がある。では、どうすればいいだろうか。次は、どうしよう。そう考えるところから進歩が始まります。成長もあるのです。(p42)


・一段高い眼を開かせてくれたのは、米大リーグ不世出の好打者、テッド・ウィリアムスの言葉でした。・・・「投手は、投げるときに、直球か、それとも変化球かを決めている。だから、何か違いがあるはずだ」(p50)


・本質が見えないコーチは、自信がないのです。だから、すべてを、ある一定のカタにはめ込もうとしてしまう。そのほうが、無難だから・・・なんでしょうね(p95)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(78点)



■著者紹介・・・野村 克也(のむら かつや)


 1935年生まれ。南海ホークスにテスト生として入団。入団4年目に本塁打王獲得。65年戦後初の三冠王。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回。90年ヤクルトスワローズ監督。99年阪神タイガース監督。02年社会人野球シダックスGM兼総監督。06年東北楽天ゴールデンイーグルス監督。


■関連書評■


a. 「敵は我に在り(上巻)」野村 克也
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

野村監督という人は大変苦労されてきたと思います。
長嶋を陽とすれば、野村は陰。が、成績だけでは野村監督の方がかなり上だと思います。

しかし、時代背景が長嶋を「ミスタープロ野球」に作りあげたわけです。
高度成長期にちょうど登場したヒーローですから、なんといっても長嶋は。

ヒーローでない一般の人(当然私も)は野村監督の生き方、考え方は大変参考になるはずです。プロ野球の現在の最年長監督として若い球団(楽天)を率いているわけですから、本当に地味で息長い人だと感心します。

野村監督の今年の成績に大いに期待するとともに人間「野村克也」をもっともっと研究したいと思っております。


同じカテゴリーの書籍: