「壁 試練だけが人を成長させる」野村克也

| コメント(0) |

壁 (ワニ文庫)

【私の評価】★★★★☆(81点)


■野村監督が2年前に半世紀を超える
 野球人生を振り返った一冊です。


 野村監督といえば、
 ボヤキと名言が有名ですね。


 「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」
 「マー君、神の子、不思議な子」
 「ID野球」という言葉を残しました。


 リーダーは言葉が命というだけあって
 常に考え、勉強しているから、
 こうした言葉が出てくるのでしょう。


・リーダーは言葉が命である。監督のひと言がその選手の運命さえ左右する(p151)


■不思議なのは、野村監督は
 なんとも不運の道を歩いてきた
 ということです。


 南海ホークス監督時代には、
 当時離婚訴訟中であったにもかかわらず、
 沙知代さんとの交際を問題とされ
 解任されています。


 楽天監督時代も、弱小楽天を4年で
 リーグ2位に育てたにもかかわらず
 監督を解任されています。


 結果を出せば文句はないだろうという
 プロフェショナルタイプですので、
 敵が多いのかもしれません。


・無口な母に言われたひと言を私は、生涯忘れない。「克、男は黙って、文句を言わず仕事をするもんだ」という言葉である(p2)


■王・長嶋がヒマワリなら、
 オレはひっそりと咲く月見草、
 と自虐したように
 野村監督は努力の人でした。


 努力と工夫を続けるのも
 一つの才能なのだと思います。


 野村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ただ、人と同じような努力をしていたのでは抜きん出ることはできない。グラウンドではみんな平等に練習するから、努力で差をつけるとしたらグラウンドの外だ。グラウンドを離れてからの時間の過ごし方が勝負を決める。そう思って私は独自の練習メニューを作って体をイジメ抜いた(p35)


・私が投手のクセを見抜き、12種類のボールカウントや試合の状況ごとに、傾向分析のデータを丹念に集めはじめたのは入団七年目からであった(p126)


・カーブを打ちたいが、技術がない・・・そこで私が考えたのが「ヤマを張る」ことだった・・当時、「ヤマ張り」は日本の野球ではやってはいけない、恥ずかしいこととされていた(p128)


・私が監督としてほんとうに尊敬し、目標にしたのは巨人の川上哲治監督である・・・何かあると、「川上さんならどうするだろう?」と考えてみるのが私の思考スタイルだ(p56)


・高校を出てから22、3歳ぐらいまでの間に仕えた監督の影響が、自身が監督になったときに現れてくるように思える(p68)


・選手の育成法には褒めて育てるやり方と、さんざんケナして反骨精神を引き出すやり方とがあるが、鶴岡監督は後者を狙ったのだろう(p52)


・リーダーは言葉が命である。勝負に勝つには、まず監督は選手たちとの信頼関係の構築が絶対条件である。相手との戦いの前に、監督は選手たちとの闘いに勝たなければならない(p180)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


壁 (ワニ文庫)
壁 (ワニ文庫)
posted with amazlet at 19.03.11
野村 克也
ベストセラーズ
売り上げランキング: 393,182

【私の評価】★★★★☆(81点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 私とプロ野球
第2章 日本の野球に革命を
第3章 監督像を一変させる
第4章 知将、相撃つ(
第5章 人は何を残すかで評価が決まる



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)