本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「まさか! の高脂質食ダイエット」グラント・ピーターセン、金森重樹

(2019年12月26日)|

【私の評価】★★★★☆(81点)


■最近、糖質制限による食事が
 ダイエットに効果的という書籍が
 増えてきたように感じます。


 本書も、人類は長い間、
 肉食に近い雑食であったのであり、
 糖質の少ない、動物性脂肪の多い
 食事を提唱しています。


 人類が炭水化物を食べ始めたのは、
 農耕をするようになった1万年ほどしか
 経っておらず、人類はまだ
 炭水化物に適応していないのです。


・地球に人類が誕生してから99%のあいだ・・約250万年前から人が穀物を育てられるようになった約1万1000年前まで・・炭水化物は、ほとんどないか、ときにはまったくなかったのだ(p60)


■炭水化物を食べると血糖値が上昇し、
 それを抑えるたに
 インスリン値が上昇します。


 インスリンは糖を脂肪として
 体に蓄積し、結果してヒトは
 肥満体となっていくのです。


 そもそもヒトは食糧が少ないことを
 前提に設計されており、血糖値が高い
 ときに短時間に脂肪を蓄積し、
 その脂肪で生き伸びてきたのでしょう。


 ヒトは現代社会のように
 常に血糖値が高い状態が続くことを
 想定していないので、高血糖は
 多くの病気を作り出してしまうのです。


・有史以前のわれらが祖先は、炭水化物がごく少ない時代に生き、脂肪・・食べた脂肪と蓄えた脂肪を燃料とし、脂肪から燃料を取り出す能力を私たちに受け渡した(p250)


■「脂肪が体に悪い」というイメージは、
 砂糖業界による捏造だったという
 記載に驚きました。


 現在も砂糖をじゃぶじゃぶ入れた
 飲料水やお菓子が売られています。
 業界もそれで稼いでいくために
 必死なのですね。


 ただ、糖質制限した毎日の食事は
 イメージが湧きませんでした。
 少しづつ生活に取り入れていきたいと
 思います。


 ピーターセンさん、金森さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・腸の長さ(メートル)を体長(メートル)で割った「腸/体長比」によれば食性が草食のウシ22~29倍、羊27倍。食性が肉食のライオン3.9倍、オオカミ4倍、ネコ3~4倍・・ヒトは4.5倍なので、ほぼ肉食の雑食と考えられます(金森)(p14)


・ヒトは肝臓と腎臓の働きによって糖新生で1日に最大150グラムの糖を作り出します。そのため、適切なタンパク質と脂質が摂取されれば、たとえ炭水化物の摂取量はゼロでも健康に生きていけるのです(金森)(p12)


・インスリンは・・さまざまな病気の原因にもなっているのだ・・炭水化物を食べると、インスリン値が上がってしまう(p47)


・炭水化物を食べなくなるとやせるだけではなく、爪の甘皮がなくなったり、目やにが出なくなったり・・花粉症などのアレルギーがなくなるケースも多数聞きます(金森)(p73)


・脂質は、血糖値もインスリンも上昇させない・・炭水化物を一緒に食べなければ、脂肪は燃料となる・・妙な話と思うかもしれないが脂質を摂取することこそが、太らないどころか脂肪を減らす唯一の方法なのだ(p63)


・1960年代に「高脂質の食事が心臓病を引き起こす」とハーバード大学の研究者らによって発表された研究成果は・・・砂糖研究財団が資金提供を行った結果でした。利益供与された研究者らは、砂糖業界にとって都合のいい「心臓病の原因は高脂質である」という結論にデータを誘導していた・・2016年にカルフォルニア大学のクリスティン・カーンズ博士によって明らかにされました。資金提供によって研究成果が捻じ曲げられていたのです(金森)(p16)



グラント・ピーターセン、金森重樹、きずな出版
【私の評価】★★★★☆(81点)

[楽天ブックスで購入する]

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

1 なぜ糖質を断ち、脂質を摂るべきなのか
2 食べてもいいもの、食べてはいけないもの
3 本当に効果がある運動のやり方
4 病気を防ぐために知るべき体の仕組み
5 食習慣を変えるための思考と行動



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録は無料
          配信は『まぐまぐ』を使用。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: