「優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス」岸良 裕司

|

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス

【私の評価】★★★★★(95点)


■全体最適コンサルティングを行っている
 ゴールドラットジャパンは
 いつでも契約解除自由で
 費用ゼロの成果報酬型。


 驚いたのは、
 あのマツダのSKYACTIVE開発に
 ゴールドラットジャパンが入っていた
 という事実です。


 ゴールドラットジャパンは
 日産のリバイバルプランのように
 自らを改革する手法を提供しているのです。


・マツダでは資金不足、開発者不足に悩まされる中で、
 関係者がみんなで集まって10年後のあるべき姿を
 構想し、そこに向けてロードマップを描いた・・・
 同社の新世代技術SKYACTIVEをこれから発売す
 る新製品に段階的に導入していき、早期
 にフル適用を実現するというもの(p40)


■プロセス自体は、
 目新しいものではありません。


 まず、10年後こうなったらすごい!
 という「WOW!カタログ」を
 部門横断的なメンバーで創るという。


 カタログというくらいだから、
 ビジュアルでワクワクするような
 未来の姿を全部門で創るのです。


 まさにリバイバルプランですね。


・<WOW!カタログ>を見せると、
 同じ経営幹部の口から、
 「えっ!本当にできるのか?」
 「いつできるんだ?」
 「何か助けられることはあるか?」
 「こうしたらどうか?」などと
 積極的な応援をもらえることが多くなる(p34)


■そうした10年後のイメージを作った後で、
 そこに至るためにやるべきことを
 考えていきます。


 小さなテストで仮説の検証もします。
 思った成果がでなければ、修正する。
 失敗から学ぶことも
 プロセスに入っているのです。


 岸良さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「ありがたいご指導」をすることしか知らない
 経営幹部だって、実は世の中にWOW!と言われる
 ような商品を出したいと心から願っている(p34)


・実現生の云々は一旦忘れて、
 10年先の振り切った
 未来のカタログを創ることだ(p36)


・仮定を検証するためには、小さなスケールで
 テストすることができる(p96)


・失敗を学びに変える・・ミステリー分析・・
 思ったより悪い結果であれば、
 これを招いた原因の解消を考えればいい。
 この原因がなくなれば、
 思ったより悪い結果は出なくなり、
 問題解決は一歩進むことになる(p108)


・参加メンバーの志を一つにする・・・
 目的、成果物、成功基準・・・
 1 目的は何ですか?
 2 成果物は何ですか?
 3 成功基準は何ですか?・・
 みんなが議論することによって、
 自分たちで考えた目標が出来上がる(p126)


・実際に会う相手には、「提案」ではなく
 「相談」として持っていくのがキモだ。
 提案だと相手も構えてしまい内容を
 精査するようになる。
 でも「相談」として持ち込めば、相手も
 相談に乗る姿勢で議論が進むだろう(p150)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★★(95点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

STEP1 価値を創る
STEP2 価値を伝える
STEP3 実現への道のりを創る



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)