「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」エリヤフ・ゴールドラット

|

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

【私の評価】★★★★☆(88点)


●本書はTOC(制約理論)の教科書とも言われますが
 内容的には、トヨタ生産方式の一部を分りやすい理論として
 紹介しているように感じました。


 ・一番ゆっくり歩く人のペースによって
  列全体のスループットが決まる。(p180)


トヨタの場合は、カンバンにより在庫を制限し、
 ボトルネックに合わせて他の工程は
 生産していくという考え方です。


 そして、ボトルネックとなる部分は見えていますので、
 そこをさらに改善していくのです。


 ・つまり、『ボトルネックの一時間当たりの生産能力
  イコール工場の一時間当たりの生産能力』となるわけだ。(p247)


トヨタ生産方式の本はたくさんありますが、
 この本のようにストーリー形式になっているものがあると
 非常に面白いと思います。


 ある青年が小さな工場に入社し、
 苦労しながら生産現場を変えていくという物語だと
 理解が早くなると思いました。


●本書のよいところは、生産理論に留まらず、
 本当の問題はそこで働く人々の考え方(ポリシー)が
 非常に重要であることを
 指摘していることだと思います。


 ・ルー、まだわからないのか。
  真の制約条件は機械なんかじゃない。
  ポリシーなんだ。(p513)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・TOC導入において克服しなければいけない最大の障害が、
  変化に対する抵抗であることは
  みんな認めるところだと思う。(p535)


ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
エリヤフ ゴールドラット
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 275
おすすめ度の平均: 4.5
5 ぐいぐい引き込まれる。そして勉強になる。
5 衝撃!斬新!納得!
4 The Goal
5 良い本
5 日本企業のすべてに導入してほしい本

【私の評価】★★★★☆(88点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)