「クリティカルチェーン」エリヤフ・ゴールドラット

|

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

【私の評価】★★★★★(92点)


●もし、毎日1000万円もらえるとしたら、
 あなたはどうするでしょうか。


 逆に、あなたの1000万円の別荘が
 毎日1軒づつ燃えていくとしたら?


 これは極端な例かもしれませんが、
 仕事ではよくある話です。


 もし、あなたの進めるプロジェクトが1日遅れるたびに
 1000万円の損失が発生するということは
 十分にありえるはずです。


 逆に、1日短縮できれば・・・。


 ・意外かもしれないが、プロジェクトに関わっている人は
  たいてい、プロジェクトの完成が遅れることによって
  毎月どれだけの損失が出るのか、
  はっきりとは認識していない。(p269)


●この1680円の本は数億円の利益を
 生み出すかもしれないものでした。


 私は運命を感じました。この本を読むために、
 一日一冊読んできたのではないかと。


 大きなプロジェクトは、たくさんの
 小さなプロジェクトの集合体です。


 そして、それぞれの小さなプロジェクトは、
 絶対遅れないような納期を設定しているはずです。


 ・みんな、万が一に備えて余裕を持った
  見積もりを立てているようだ(p74)


●みんな余裕を持っている。
 これは、いままでみんな分っていたはずなのに、
 なにも対策をとってきていないことでした。


 ところが、それを大きく変える
 方法があったのです。


 ・実務面では主に三つあったと思う。
  ひとつ目、各ステップのリードタイムの
  見積もり時間を半分に削った。
  二つ目、各ステップの期限設定を廃止した。
  そして三つ目、予想完了日を頻繁に報告させた(p263)


 ・セーフティーはすべて、
  クリティカルパスの最後に置きます。(p237)


●つまり、クリティカルとなっている
 小さなプロジェクトの持っている余裕を集めて、
 最後に置くということです。


 各プロジェクトは余裕を持った工程ではなく、
 ベストの工程を目指して作業しますが、
 遅れても怒られないのがポイントです。


 ・たいていの人は、どう自分が
  評価されるかに従って行動する(p165)


●結果して、スケジュールは常に変化して、
 最後に置いた余裕が増えたり、
 減ったりすることになります。


 責任者は最後の余裕の増減を把握していれば
 いいということになります。


 しかし、他の会社にアウトソースしている部分の
 「余裕」を集めることが難しいと
 考える人もいるでしょう。


 ・ひとつの方法として、早く完成すれば
  ボーナスを支払って、
  逆に遅れた場合はペナルティを課す
  というのがあると思う(p310)


●これは原子力発電所の定修でデータの偽造を
 していたのが発覚したとき、定修を短縮した業者に
 インセンティブを与えていたことが、
 不正の原因になったのではないかと
 批判されていたものと同じ考え方ですね。


 このインセンティブには、
 不正を助長する心理的影響があったのでしょうが、
 最終的には判断する人間の問題だと思います。


 これは強盗がいるのは、
 お金という仕組みが悪いのではなく、
 強盗をする人が悪いということと同じです。


●最後に、実際の現場では、
 リソース(人や物)が競合(重複)して作業が
 進まない場合がありますので、
 その部分はリソースが無駄なく使われるように
 計画する必要があります。


 具体的には、大型クレーンが1台しかない工場では、
 このクレーンが競合しますので、
 このクレーンを常に動かすように
 計画することが大切になります。


 ・リソースの競合をすべて取り払うことができたら・・・
  そうしたらクリティカルチェーンが見えてきます(p342)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・すべてを優先しなければいけないということは、
  言い換えれば、
  どれも優先しないということと同じだ(p107)


クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
エリヤフ ゴールドラット 三本木 亮
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1071
おすすめ度の平均: 4.5
5 トヨタ生産方式の発展系をプロジェクト管理に適用するとこうなる?
5 小説形式だが、十分に現実的。逆に実務経験が無い人には理解が難しいほど。
3 理論だけでなく、十分に現実を踏まえているところが共感を呼びます
5 人間心理をふまえたプロジェクト管理
4 PM必読

【私の評価】★★★★★(92点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)