「儲けを生みだす表現力の魔法」平野秀典

|

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる

【私の評価】★★★★☆(84点)


●私は「どっちの料理ショー」という番組が大好きです。


 この番組は、2つの料理が紹介されて、
 7人のゲストが食べたい料理を多数決で決めるというものです。


 多数になったゲストは食べることができますが、
 少数派になったゲストは食べられません。


●料理の紹介では、ゲストに料理を売り込むために、
 あらゆる技術が使われているのですが、
 これを営業に活用したらどうなるのでしょうか。


 ・「戦略」の変わりに、「脚本」
  「戦術」の変わりに、「演出」
  「戦闘」の変わりに、「表現力」(p42)


●料理の紹介でまずやるのは「特選素材」の紹介です。


 普通の食材でも、こだわりの一品が飛び出します。


 ・あなたの売っている商品に「特選素材」
  または「こだわりの部分」はありませんか?(p116)


●次は、その料理の第一人者の紹介になります。


 第一人者だけあって、そこには、
 最高の料理を作るために努力したストーリーがあります。


 ・もちろん、ウソはいけませんが、
  できるだけ「ワクワク」する話を集めて
  物語を紡ぎだします。(p147)


●自社の商品を売り込むのも、料理を売り込むのも同じことですから、
 商品にも「どっちの料理ショー」の「よだれ」を
 流させる技術が活用できそうです。


●この本は、このような、いかに感動をお客様に伝えるか、
 商品をドラマティックに演出するかについての道具箱のようなものです。


 テレビ、作曲、映画、喫茶店、演劇、ホテル、落語、マジシャン、
 あらゆるジャンルからそのアイディアを集めています。


 ・サーストンの3原則
 (マジシャンたちがお客さんを最大限に喜ばせるために守っているルール)
  第1原則 現象を先に言わない
  第2原則 同じマジックを2度続けてやらない
  第3原則 タネを教えない(p68)


●まさに、この本は、感動プロデューサーからいただいた、
 「感動の道具箱」のような一冊です。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・伝わらなければ、どんなに知識があっても、それは存在しない(p34)


 ・ところで、役者は何に集中しているのか?
  「一貫性」です。(p132)


儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる
平野 秀典
かんき出版 (2004/02/10)
売り上げランキング: 8,247
おすすめ度の平均: 4.25
2 伝わらなければ、やっぱり意味がないよね。
5 目からウロコ本!
5 この感動を書かずにはいれなかった!!

【私の評価】★★★★☆(84点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)