「ザ・クリスタルボール」エリヤフ・ゴールドラット

|

ザ・クリスタルボール

【私の評価】★★★★☆(82点)


■「ザ・ゴール」でトヨタ生産方式を
 世界に紹介したゴールドラット氏が、
 本誌では、セブンイレブンなどの
 小売の配送システムを紹介する本に
 なっています。


 セブンイレブンの配送システムは、
 地域に集中出店して、
 それらの店に倉庫から毎日、または
 一日三回もの配送を行うもの。


■この本では、小売店の倉庫の浸水事故から
 しかたがなく、地域倉庫からの
 一日一回の配送がはじまります。


 すると、自然と店の在庫が減り、
 欠品が減り始めました。


 何カ月分の在庫を持っていた方法から、
 在庫を20日分に減らし、
 毎日必要な商品を送るようにしたのですから
 当然でしょう。


・各店に分散している在庫を地域倉庫一か所に集めれば、
 どの店でも、品切れがいますぐ約三分の二も
 減るっていうことなんです。・・・
 品切れを10パーセントに減らしたい
 と思いませんか。(p226)


■神田昌典氏が米国のマーケティング手法を紹介して
 成功したように、ゴールドラット氏は日本の良い手法を
 紹介して成功しているようです。


 これは知識の商人とでも
 いうものなのでしょう。


 本の評価としては、★4つとしました。
 良い本をありがとうございます。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・つまり、目標量の三分の一をリミットとするわけだな。
 だったら、在庫が目標量の三分の一を
 下回ったら"赤"ということにしょう。
 その状態が長く続いたら・・・
 例えば一週間以上、赤が続いたら、
 警告サインと考えよう。
 そういうSKUは、在庫目標を増やす。(p166)


・あらかじめ、三か月前に染色布を買っておくの。
 それをメーカーに置かせてもらうのよ。・・・
 生地が余ったとしても、あまり心配することはないな。
 使い道は、いくらでもあるわけだから。(p276)


・私は、人には二通りの人間がいると思う。 
 まずは、まわりと比較して自分を評価する人。
 もうひとつは、まわりの人間が何をしようが、
 そんなことは意に介さない人たちだ。(p286)


ザ・クリスタルボール
エリヤフ・ゴールドラット
ダイヤモンド社 (2009-11-13)
売り上げランキング: 188
おすすめ度の平均: 4.5
4 『ザ・ゴール』に匹敵します
5 理想が世界を変えるとき。。。
2 目新しい話は無いですね
5 "言うは易し"の在庫の適正化を実現する
5 めぐまれ過ぎている感もあるが、十分楽しめる

【私の評価】★★★★☆(82点)



■著者紹介・・・エリヤフ・ゴールドラット

 1948年生まれ。経営コンサルタント。
 1984年「ザ・ゴール」を出版。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)