「思いを伝え、心をつかむ技術」ハイブロー武蔵

| コメント(0) |

ポチ・たまと読む 思いを伝え、心をつかむ技術 (「ポチ・たま」シリーズ)

【私の評価】★★★★★(92点)


■人が生きていくうえでもっとも大切なことは、
 自分の思いに気付き、
 それを表現していくことではないでしょうか。


 この本では、ハイブロー武蔵さんが、
 自分の思いの気づき方から
 表現の方法まで教えてくれます。


・すべての人間関係は、まず自分の思いを
 伝えることからはじまるのです(p10)


■まず、自分の思いを知ることです。


 日本人は自分を殺して生きるようなところが
 ありますので、自分がどう感じているのか、
 わからなくなってしまっている人もいます。


 まず、そこからなのでしょう。


・どうすれば、自分の思いの内容をきちんと
 知ることができるのでしょうか・・・
 文章を書いてみる・・・
 一人静かになる時間をとってみる・・・
 親しい友人と会い、じっくりと話をすること(p14)


■そして、自分の思いに気づいたら、
 それをどう表現するかです。


 この本では、言葉での表現、
 態度での表現、そして、
 文章(手紙やはがきやメール)での表現を
 探求していきます。


・近くの人に自分の心を伝えるのは
 案外難しいこと。照れもあるしね。
 何かよい方法を学びたいものね。(p26)


■よく感謝しようね、という本がありますが、
 まさにこの本が伝えようとしているのは、
 感謝の気持ちの伝え方です。


 私の場合は、ハガキでの伝え方が
 弱いようでしたので、
 改善したいと思いました。


 人生で大切なことを、
 ぐっと教えてくれる本でしたので
 本の評価としては★5つとしました。


 良い本をありがとうございます。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「ごめんなさい」がきちんと言える人で、
 人に好かれない人はいない・・・
 「ごめんね」と言える人は、
 自己信頼ができている人です。
 自分の未来も信じられる人です。(p58)


・人は話す力よりも
 聞く力でその器が決まるように思えます(p94)


・私が判断して一流の人だなと思う人、
 素敵な人だなと思う人、感性のよい人、
 品性のある人だなと思う人というのは、
 手紙の返事は基本的には欠かさない人(p104)


▼引用は、この本からです。

ポチ・たまと読む 思いを伝え、心をつかむ技術 (「ポチ・たま」シリーズ)
ハイブロー武蔵 ゆかいな仲間たち
総合法令出版
売り上げランキング: 933
おすすめ度の平均: 4.0
4 人付き合いのノウハウの全てがここに!

【私の評価】★★★★★(92点)


■著者紹介・・・ハイブロー武蔵

 1954年生まれ。
 海外ビジネスで数社を経営。
 現在はビジネスエッセイストとして活動。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)