本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「最短で達成する全体最適のプロジェクトマネジメント」岸良 裕司

(2012年9月24日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

最短で達成する 全体最適のプロジェクトマネジメント


【私の評価】★★★★★(94点)


■世の中には数多くの
 プロジェクトマネジメント本がありますが、
 最も実践的な一冊。


 なぜならベテラン親方のやり方を
 集大成しているからです。


 最初は目的の共有から入ります。


 そのために関係者に集まってもらって、 
 「目的はなんですか?」と
 質問します。


 そして、
 「この成功基準はなんですか?」と
 具体的なゴールを設定するのです。


■次は、工程表の作成。


 ここもできるだけ参加者全員で、
 プロジェクトの最後からさかのぼって
 工程表を作成します。


 全員参加することで、
 事前にどのような段取り、
 準備が必要なのか、
 ベテランのノウハウを出すことができるのです。


・工程表ができあがったら、・・・懸念事項をプロジェクトメンバーから聞くことだ。「何か気がかりなことはありませんか」「なぜそう思いますか」「この原因を解消するうまい方法はありませんか?」(p150)


■工程表が完成したら、サバ取りです。


 不確実な仕事ほど、
 遅れないように余裕(サバ)が
 入っています。


 つまり100%遅れない期間にしたいのが
 人間のサガ。


 そこでその期間を、
 確率50%でできそうなチャレンジ納期と
 余裕(サバ)に分割します。


 そして、
 「お前、チャレンジで頑張ってみねえか」
 と親方は語りかけるのです。


・念のために余裕(サバ)をよんでおこう・・・要するに、責任感があるから、相手をがっかりさせたくないからサバをよむのだ(p24)


■こうして各担当者から余裕(サバ)を取って、
 すべての余裕の合計は親方が管理します。


 親方はプロジェクトの進捗状況を、
 「あと何日かかる?」
 「問題があるとしたら何?
 と全体の余裕(サバ)を管理していきます。


・作業担当者に「あと何日?」と質問する・・・みんなが日常意識するのは、98%とか99%の進捗率の話ではなく、「あと一日しかない!」である(p180)


■形式的なプロジェクトマネジメントではなく、
 実践的な親方マネジメント。
 素晴らしく実践的です。


 ただ、会社でやると素晴らしすぎて
 異端となってしまうかも。


 時間をかけて根気を持って、
 じっくり取り組みたいものですね。


 岸良さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・重複をなくし、マルチタスクをなくす(p122)


・ギリギリに詰められた期間の中でもしも問題が発覚したとすると、現場は「これは危ない」とすぐにプロジェクトマネジャーに報告・相談するようになる・・・(p127)


・「問題があるとしたらなんですか?」と質問する・・・問題が出てきたら、次の質問をプロジェクトマネジャーはする。「何か助けられることはないですか?」(p189)


・遅れが起こることはバッファマネジメントで見える化する・・・その理由を記録しておく・・・上手な質問の仕方は、次の質問である。「何を待っていましたか?」(p195)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(94点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: