「人生を好転させるたった2つのこと」吉江 勝

|

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■中小企業コンサルティングを手掛ける
 吉江さんの一冊。


 成功法則というよりも、
 「自分史」を振り返って気付いた
 「人生で大切なもの」。


 それは、

 自分の情熱の持てること

 をやっていくということです。


 努力する必要はありません。


 使命を自覚すれば、
 自然と体が動くのです。


・わざわざヤル気を奮い立たせる必要などないのです。
 やりたいと思ったことは、
 すべて今すぐにやると決めましょう(p38)


■吉江さんは、三井物産を1年半で退職。


 営業職を転々とし、
 パチンコ狂いで借金は1000万円を
 超えてしまう。


 仕事をする気力もなくなり、
 引きこもりとなり、精神科に通う日々。


 そんな吉江さんも、
 テレビで不治の病となった子ども達が
 明るく生きていく姿を見て、決心します。


 逃げてばかりでは何も変わらない。
 今から生き方を変えようと。


・幼くしてガンや白血病にかかった子どもたち・・・
 彼らの置かれた極限状況に比べれば、私の生き方は甘ったれも
 いいところです。・・・逃げているばかりでは何も変わらない
 今、この瞬間から生き方と考え方を根本的に変えよう(p73)


■その後、次の会社で成果を出し、
 成功者のモデリングで会員制ビジネスなど
 手を広げていった。


 そうした経緯から、
 自分の情熱の持てるものであれば、
 頑張れるということに気付きます。


 評価されなくても、
 結果が出なくても、
 続けることができます。


 それが不思議と周囲に好影響を及ぼし、
 奇跡とも言えるような結果を
 生み出していくということです。


・「自分の好きで情熱の湧くことを見つけること」。
 そして、「そのことに使命や役割を見いだして
 持てる力のすべてをかけて表現すること」。(p97)


■落ちるところまで落ちると、
 人は変わることができるんだなあ・・
 と思いながら読んでいました。


 私はそこまで落ちたことがないので、
 経験したいような気もしますが、
 できれば経験しないほうがいい。


 吉江さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ご家族やお金のことは抜きにしてお答えいただきたいのですが、
 あなたが死ぬまでにこれはぜひやっておきたいと思うことは、
 何かありませんか?(p31)


・あなたが40歳、50歳になったとき会社が傾くことも
 十分ありえる。そのとき、慌ててももう遅い。
 今のうちに自分自身に投資してしっかり学び、
 自己成長をめざすべきだ。そうしないと、会社の看板を失ったとき
 誰もあなたを相手にしてくれなくなるだろう(p64)


・お金やスキルだけでは一番大切な資源である
 人間が動かない・・・
 お金で集めた人はお金がなくなると
 潮を引いたように離れていきます(p93)


・朝起きたら、すぐに今思っていることをすべて
 赤裸々に包み隠すことなくノートに書いていくだけです・・・
 得てして珠玉の発想が出やすいものなのです(p127)


【私の評価】★★★☆☆(73点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)