「2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生」高城 剛

|

2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■世界を放浪している高城さんは、
 変わった人だな~と思っていましたが、
 彼の予想する未来は、
 私の予想と似ています。


 まず、いきなり
 地球は寒冷化するだろう
 という予測から入ります。


 つまり、太陽の活動低下により
 江戸時代のマウンダー小氷期のような
 寒冷期がやってくるというのです。


 太陽の研究家なら誰もが知っているように
 寒冷期が到来するのではないかと予想する
 観測データがあるのです。


・マウンダー小氷期から300年が過ぎた
 2020年頃から33年間は、太陽活動が
 低下するために地球は再び寒くなり、
 2030年がピークになるというのが、
 私の予測です
 (バレンチナ・ザルコヴァ教授)(p26)


■そして世界は技術発展は進みますが、
 アメリカは対外債務により
 没落していく。


 中国は成長するが覇権国家にはなれない。
 インドも同様。EUは崩壊に向かう。
 朝鮮は統一に向かう。


 著者の予想は、世界は中心を失い
 不安定となるということです。
 そうした中で、手を組めそうなのは
 EUであろうという予想なのです。


・アメリカ軍はいずれ、さまざまな国の基地から
 撤退するだろう。中東、韓国、ヨーロッパ(NATO)、
 そして日本からアメリカ軍基地がなくなる日は、
 実はそう遠くないと僕は見ている(p74)


■技術革新が進みながらも、
 寒冷化による食料不足のなかで
 国際関係は不安定になっていく。


 人類はこうした中で
 生き残っていけるのか。


 どういう進化をした人類なら
 生き残れるのか、という
 問題意識を持っているようでした。


 高城さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・地球は短期ではあるが、
 寒冷化に向かっているという説が
 急浮上している(p18)


・ラングレー研究所の大気化学博士
 マーティン・ミリンザック氏も
 「NASAの人工衛星のデータによると、
 熱圏(地球大気の最上層部)が冷やされている。
 この状態が続くと、氷河期が来るだろう」
 と語っている(p30)


・AmazonGOは、ひと言で言えば「無人コンビニ」だ。
 店内を見渡すと、レジがない。利用者は、
 駅の無人改札機に似たゲートにAmazonGOアプリが
 インストールされたスマートフォンをかざして
 入場する(p52)


・訪れた国のイノベーションレベルと確かめるとき、
 シェアライドの普及とキャッシュレスに
 個人的に着目している(p87)


・クレジットカードの決済手数料は通常3~5%程度だが、
 アリペイはゼロ。アリペイのチャージ分を現金化する際、
 一定金額以上の場合は0.1%の手数料がかかるが、
 それでも店側の負担ははるかに小さい(p90)


・実は、テスラとスペースXの資金源の多くは、
 中国企業から提供され、イーロン・マスクは
 さまざまな公的な中国系イベントに参加している・・・
 米証券取引委員会(SEC)は証券詐欺罪で
 イーロン・マスクを提訴したが、これもアメリカが
 中国に対してプレッシャーをかけていることの
 一つの表れと言えるだろう(p95)


・その国の文化的なレベルを測るとき、
 まず、音楽や映画などの
 エンターテイメントの現状を探る・・・
 例えば、実力のないシンガーや俳優が売れていれば、
 暗躍する古い中間システムが
 残っていることの証左だ(p110)


・コルバートは、現在「6度目の大絶滅」に
 向かって進行しており、
 それを引き起こしている張本人は、
 我々人間であるという。果たして、
 年々増え続けるこの絶滅種には、
 人間自身も含まれているのだろうか?(p176)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生
高城 剛
集英社
売り上げランキング: 540

【私の評価】★★★☆☆(79点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 宇宙変動がもたらす人類の危機
第2章 世界はどうなっていくのか
第3章 日本がEUに加盟する日



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)