「どんなことでも3週間以上続けられる本」菊原 智明

| コメント(0) |

どんなことでもムリせず3週間以上続けられる本

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■30歳当時の著者は、
 典型的なダメ営業マンでした。


 資格の勉強、早起き、健康法、
 お礼状・・何をやっても
 続かない人間だったのです。


 そこで著者は、
 1日1分でできることを
 始めることにしました。


 ノートに3行だけ
 1日に起こったいい出来事を
 メモしていくことにしたのです。


・ノートに1日に起こったいい出来事を書いてみた・・
 日記と言っても、次のような3行程度の短い文章です・・
 3行日記を続けることに関しては、
 少し工夫をしました。
 寝室の前のスペースに置いてある机に 
 日記を置くようにしたのです(p28)


■3行メモを続けることができると、
 ちょっとだけ自信が出てきました。


 そこで30分だけ早く起きて
 30分だけ早く出社してみたのです。


 するとたった30分で何倍もの
 仕事ができました!


 朝仕事をするようになって、
 著者は、過去のクレームを
 「お役立ち情報」としてお客さまに
 配布することを思い付きます。


 そして1年後には
 何とトップ営業マンに
 なっていたのです。


・試しに会社へ30分早く出社してみました。
 だれもいない会社は静かで、仕事に集中できます。
 たった30分早く出社しただけなのにもかかわらず、
 いつもの何倍もの仕事ができたのです(p30)


■そういえば、私も最初は
 早起きして早朝出社することから
 始めたのだと思い出しました。


 早朝出社すると、
 お昼には仕事が終わってしまうん
 ですよね。
 このメルマガも朝書いています。


 菊原さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私は現在、以下のようなさまざまなことを
 習慣にしています。
  ・毎日ブログをアップする
  ・朝4時30分に起きる
  ・朝1時間、原稿を書く
  ・毎週1回、メルマガ・・を書く
  ・毎日のラジオ体操・・
  ・毎日の読書
  ・ジョギング
  ・お礼状を出す
  ・名刺交換をしたら必ずメールを出す(p2)


・「これならできる」という
 最低ラインを設ける(p36)


・行動した時点でトップ5%に入っている・・
 「知識はあったとしても、
 実際に行動する人は5%もいない」(p156)


・誘惑をする要素はすべて排除する(p74)


・自分に対するご褒美を用意する(p108)


・同じことをしている人が
 多いところへ行ってみる・・・
 1人でも多くの「同志」をつくろう(p127)


・ラクな形で自分の領域を広げていった・・
 3行日記→ブログ→メルマガ→
 携帯メルマガ→執筆(p140)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


どんなことでもムリせず3週間以上続けられる本
菊原 智明
大和出版
売り上げランキング: 50,540

【私の評価】★★★☆☆(73点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

序 章 「継続力」が私の人生を劇的に変えた!
第1章 「はじめの一歩」はこう踏み出そう
第2章 「続けざるを得ない仕組み」をつくってみよう
第3章 「マンネリの壁」はこうして乗り越えよう
第4章 1つが習慣化したら、新しい習慣を身につけよう
第5章 「継続力」のある人だけが結局は勝っている



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)