「怪物商人 大倉喜八郎伝」江上 剛

| コメント(0) |

怪物商人 (PHP文芸文庫)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■江戸末期、大倉喜八郎は、
 新潟から東京に出て
 商売をはじめました。


 明治維新という激動の中で、
 これから戦争になるという
 確信のもとに武器商人となります。


 大倉喜八郎の有名なエピソードとしては、
 旧幕府軍から連行され、
 なぜ武器を売らないのか、
 売らなければ殺すと脅されたときに、
 「前に売った武器の支払いがない。
 払ってもらえれば売る」と主張し、
 その場を逃れたという。


・俺には、進むべき道が、間違いなく見えている。
 俺は、時代に食らいつき、食い破り、
 日本一の商人になる。きっとなってやる。(p27)


■明治政府が岩倉使節団を欧米に派遣したとき、
 大倉喜八郎はなんと自費で
 使節団を追うように欧米を旅行しています。


 その資金は四万円。
 銀座の土地が一坪五円で、
 八千坪が買える金額だったという。


 大倉喜八郎は全財産をかけて
 欧米を自分の目で見て、
 時代の流れをつかもうとしたのでしょう。


 また、
 岩倉使節団とも親交を持とうと
 考えていたと思われます。


・渋沢とともに大阪紡績会社を設立した・・・
 また東京瓦斯会社をやはり渋沢らと共に設立し、
 実現はしなかったが、電話会社まで作ろうとした・・
 軍服製造を目的とした千住製絨所の原料となる
 羊毛の輸入を一手に引き受け、その販売も担った(p212)


■大倉財閥は、大成建設、
 大日本麦酒(戦後サッポロビールとアサヒビールに分割)
 日清オイリオグループ、日清紡グループ
 ホテルオークラなどとして
 現在まで続いています。


 時代の流れをつかみ、
 思い切って投資する姿に
 明治人の心意気を感じました。


 江上さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・武士のどこが偉いというのか。
 何もしないで威張っているだけではないか。
 俺は、武士を超えてやる・・
 そのためには、こんな馬鹿げた田舎町で、
 武士の顔色を見ながら汲々として
 暮らすことなどできない(p8)


・喜七の生まれたお祝いに銀座中、
 いや日本中を明るくしてやろうと思って企画したんだ。
 さあ、喜七にとくとアーク灯を
 見せてやってくれ(p209)


・アジアの国を商売で豊かにしていく。
 そして、日本と協力して西欧と伍して、
 さらに大きな商売をする。
 それが俺の夢だ(p224)


・欧米人は契約の際、「これで契約しますが、
 あなたには儲けがありますか」と念を押してくる。
 こちらが「結構です。これで多少とも儲けがあります」
 と応えると、「それは結構なことです」と、
 そこで初めて握手となる(p314)


・『疑事無功、疑行無名』・・
 趙の武霊王が、国内の改革を進めようとする時に、
 家臣が何事も自信を持って行わねば、
 功も名誉も得られないと
 進言したという故事なんだが、
 とにかく私も喜八郎さんも自信を持って、
 迷わず、自分の道を進もうではないか(p74)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


怪物商人 (PHP文芸文庫)
江上 剛
PHP研究所 (2017-01-08)
売り上げランキング: 128,428

【私の評価】★★★☆☆(70点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

進むべき道
乾物屋から鉄砲屋へ
商人は商売が命
義を見てせざるは、勇なきなり
天はみずから助くるものを助く
ロンドンで恩を売る
時代の風を受ける人
運命の出会い
自分の意志が道を拓く
独立運動を援助する
戦争で儲ける男
軍人の役割、商人の役割
支援に自分の名は出さず
男子の本懐
捨て石となっても



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)