「入社1年目から使える「評価される」技術」横山 信治

|

入社1年目から使える「評価される」技術

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■自分が新入社員だった頃の自分に、
 どんなアドバイスをするだろうな?
 と思いながら読んだ一冊。


 新入社員になら、
 この一冊で十分でしょう。


 まずは、
 「はい、わかりました
 と言って、仕事をしてみたい。


・評価される人は、上司の指示を最優先している・・・
 まずは「はい、わかりました」と言いましょう(p60)


■サラリーマンに求められているのは、
 その仕事をそつなくこなすこと。


 新入社員なら、早く仕事を覚えて、
 言われた仕事をこなせるようになってほしい。


 時には変な上司がいるかもしれない。
 仕事がめちゃくちゃ多いかもしれない。


 でも、大切なのは、
 自分の成長なのです。


・今でも人の意見は気になります。
 でも、そんなことを何時間考えていても、何も変わりません。
 変わらないなら、自分が成長することに時間を使おうと
 考えたほうが得策のように思います(p167)


■新入社員にもよいし、
 ベテランでも基本をチェックするために
 読んで損のない一冊です。


 大成功はしないけど、
 失敗しないこと。
 まずは、そこから始めたいものです。


 横山さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「評価される」技術とは、
 「人に好かれる」技術そのもの(p5)


・人は気を抜いた瞬間に本音が出る・・・
 どんな人にも分け隔てなく親切にします(p32)


・小さいプライドよりも、
 お客様に喜んでもらいたいという気持ちと、
 自分が販売としてプロであるという誇りが勝っているから、   
 頭を下げられるのです(p46)


・低俗な人々は偉人の欠点や愚行に
 非常な喜びを感じる
 (ショーペンハウエル)(p166)


入社1年目から使える「評価される」技術
横山 信治
かんき出版
売り上げランキング: 34598

【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)