「乱世の知謀と決断 (日本を創った戦略集団)」堺屋 太一(編)

|

乱世の知謀と決断 (日本を創った戦略集団)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■織田信長、武田信玄、毛利元就、
 蓮如、豊臣秀吉、世阿弥という
 戦国の世に活躍した偉人を紹介する一冊です。


■責任編集を行っている堺屋太一さんの言うとおり、
 確かに歴史は面白い。


 特に戦国の時代は、技術の進歩により、
 農業生産が増え、人口の増加もはじまる。


 そして、力をつけてきた勢力が、
 それまでの身分重視の伝統から解き放たれ、
 下克上というように、権力を持つことができる
 ようになってきた時代なのです。


■本書では、やはり堺屋太一さんが書いた
 「織田信長」が秀逸でした。


 兵農分離、鉄砲の導入、成果主義の人材評価、
 楽市楽座による経済の自由化、租税の公平化、貨幣の統一、
 道路の整備、武装宗教勢力の排除とその合理性と
 革新性はすごいものがあります。


・当時はかなりの領地を持ち、
 僧兵や信徒兵を持つ寺社が各地にあり、
 大名の手も及ばぬ治外法権を誇っていたばかりか、
 その経済力と武力と信徒の数で
 政治や行政にも容赦なく介入した(p52)


■中学生のときに読みたかった一冊です。


 歴史マンガと司馬遼太郎とこうした歴史本を
 組み合わせれば、歴史好きができるはずです。


 本の評価としては★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・本当の歴史には、分かり難い人名や
 細かな年代などほとんど必要がない。
 重要なのは、世の中の大きな流れであり、
 なぜにそうなったかという因果の追求であり、
 その原因と結果をもたらした人間の知恵と
 行動に対する理解である(p7)


・名将とは、常に自軍の長所を活かし、
 敵軍の短所を衝く。
 凡将は、自軍の短所に不満を持ち、
 敵の長所に脅える(p62)


▼引用は、この本からです。

乱世の知謀と決断 (日本を創った戦略集団)

集英社
売り上げランキング: 1,902,729

【私の評価】★★★☆☆(70点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)