「初等ヤクザの犯罪学教室」浅田 次郎

|

初等ヤクザの犯罪学教室 (幻冬舎アウトロー文庫)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■毒入りチョコを置いたり、江崎社長を誘拐した
 グリコ・森永事件は、なぜ成功したのか。


 倒産しそうな会社に近づく
 「整理屋」の手口とは?


 こうした知識は、怖いもの見たさと、
 実はそうなんだ、といった知りたい気持ちを
 刺激します。


  ・世の中には一生寝て暮らす方法が、
   ちゃんとあるのです。・・・
   一つは、金を貸して利息で暮らすこと。
   もう一つは、金を借りて
   永久に返さないこと(p100)


■やはり、オレオレ詐欺のように
 相手の手口を知っていれば、
 防げる犯罪があるはずです。


 ですから、敵を制すためには、
 敵を知らなくてはならないのでしょう。


■すべて本当でもないようですが、
 高利貸しの手法や賄賂の渡し方など
 興味深い内容でした。


 社会人として、裏の社会勉強として読むべき内容だと
 思いましたので、★3つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・通例、飲酒を伴う事故に保険はおりませんから、
   被害者に対する補償はすべて実費でまかなわねばなりません。
   被害者の質によっては一生ただ働きしなければならないことも(p18)


  ・あらゆる犯罪にあてはまる基本でありますが、
   近在の警察署の所管図を十分頭に入れておき、
   犯行後はすみやかに他の所管へ逃げ込む(p81)


  ・テレビドラマなどではよく、背後から忍び寄って後頭部をガツンと
   殴って相手を気絶させてしまう・・・ところが実際にはあんなふうに
   不意にガツンとやれば、五回に一回ぐらいは死んでしまう(p201)


▼引用は、この本からです。

初等ヤクザの犯罪学教室 (幻冬舎アウトロー文庫)
浅田 次郎
幻冬舎
売り上げランキング: 832
おすすめ度の平均: 4.0
5 妖しい魅力
5 人間味あふれる、あったかい犯罪学です。
3 暴力団の弁護や暴力団の追放運動をしている弁護士の意見
3 浅田作品の元ネタ帳。
5 まずはこの本から

/
【私の評価】★★★☆☆(74点)



■著者紹介・・・浅田 次郎(あさだ じろう)

 1951年生まれ。
 吉川英治文学新人賞、直木賞など。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
45,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)