「部下がきちんと動くリーダーの伝え方」吉田 幸弘

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

部下がきちんと動く リーダーの伝え方 (アスカビジネス)

【私の評価】★★★★☆(88点)


■指示とまったく違う形の資料が出てくる・・

 最優先の仕事にまだ手をつけていない・・

 そんな部下を持つ人のための一冊です。


 そうした部下に対応するために、
 部下を変えるのか、
 自分の仕事のやり方を変えるのか。


 部下が上司ほど優秀でないとすれば、
 上司がやり方を変えるべきなのでしょう。


場当たり的な伝え方はしない・・・
 1 お願いしたいことをすべて書き出す
 2 分かりやすい伝え方になるよう順番を工夫する
 3 ・・
 4 どこで進捗確認するかも決めておく(p26)


■優秀でない部下に
 思いつきで指示をしてしまうと、
 指示とちがう結果が出てきます。


 優秀でない部下に、
 仕事の理由を説明しないと
 やる気を出しません。


 優秀でない部下を叱っても、
 不満そうな顔をするだけです。


 あなたが悩んでいるのは、
 部下が優秀ではないためであり、
 優秀なあなたなら対応できるはずなのです。


・新しく指示を出すときは、
 結論だけでなく
 「なぜ、そのような指示を出すのか
 をきちんと説明しなくてはなりません(p116)


■上司という立場は、
 たいへんだと思いました。


 どうせなら成果を出す上司に
 なりたいものです。


 この本を読んで、
 部下のタイプ別の対応を
 考えてみましょう。


 吉田さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・やらなければいけないことを、
 次のようにすべて書き出すのです・・(p28)


・伝えるときは、
 「小学生でも分かるように
 という意識を持って伝える・・(p58)


・部下が間違って理解しそうなこと、
 判断に迷ってしまいそうなことを
 ピックアップして質問・・(p68)


・「優先順位の高い仕事を1つお願いしたら、
  劣後順位の高い仕事を1つつくる」
 くらいの考えを持つべきです(p64)


・報連相が上がってこないパターンのリーダー・・
 部下が報告してきたことに対して、
 何の対策もしないリーダーです(p205)


・メンバーへの声かけは
 「」より「」が大事(p86)


部下がきちんと動く リーダーの伝え方 (アスカビジネス)
吉田 幸弘
明日香出版社
売り上げランキング: 20,550

【私の評価】★★★★☆(88点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 分かりやすく伝える方法
第2章 ミスが起こらない伝え方
第3章 伝えるために信頼関係を築く
第4章 部下を動かす上手な伝え方
第5章 困った部下への伝え方
第6章 部下をやる気にし、成功へ導く褒め方
第7章 部下との関係が悪くならない叱り方
第8章 「報連相」がうまくいくコミュニケーション術


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む