「この不況で損する人この不況で得する人」斎藤 一人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人この不況で損する人この不況で得する人[CD付]

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■2009年、リーマンショックの真っ只中で
 出版された一冊です。


 一人さんは、
 「この不況はあと6年は続くよ」
 とおっしゃっています。


 そして、次の時代は、
 「心」の時代になるという。


 つまり、日本の時代が来るのですね。


・今までは、アメリカががんばってくれていたから、
 日本もちょっと前までは景気がよかったです・・・
 もちろん、中国も、がんばってくれていました。
 そのときがわかったとき、文句をいってる前に、
 「今度は自分たちががんばる番だ」
 という気になりますね。(p93)


■「心」の時代には、
 感謝できる人が勝利します。


 どんな状況でも、感謝して、
 機嫌の良い人のところに
 人は集まるのです。


 人が集まると、
 お金も集まるのですね。


 誠実な人と国家が
 勝つのです。


・なにか嫌なことがある度に、
 「これはいいことなんだ」
 と思ってください。・・・
 部長に怒られて、心のなかで、
 「今日は、いい日だ
 というのもいいです(p76)


■歴史はどんどん動いています。


 戦争はなくなりませんが、
 だれもが世の中の仕組みを
 知ってしまう時代になっています。


 世界は少しずつ良い方向に向かっていますし、
 私たち一人ひとりも
 良い方向に歩いていきましょう。


 一人さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・あなたの言葉に、愛があるだろうか。
 しゃべっている言葉に、心の豊かさがあるだろうか。
 心が豊かにならないと、実際に豊かになれない
 時代がきたんですよ(p90)


・「あの会社、一生懸命、やってるな」とか、
 「私たちのことをホントに考えてくれているな」
 というところに、お客さんが必ずやってきます(p61)


・からだは絶対、絶対に間違えません・・・
 吐くときは吐けばいいのです。
 そして、吐いているときは
 「今、治っているんだ」
 と思えばいいの。(p78)


斎藤一人この不況で損する人この不況で得する人[CD付]
斎藤 一人
ロングセラーズ
売り上げランキング: 136,014

【私の評価】★★★☆☆(75点)

■目次

1 夜明けは、いつ訪れる
2 今までの時代と、これから
3 誰も知らない、「この不況から脱出する方法」
4 「からだ」の話―魂の時代の健康法
5 今、をどう生きるか


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む