「二千年たってもいい話」斎藤 一人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

二千年たってもいい話―夢の持ちかた夢の叶えかた奇跡の起こしかた魅力のつけかた (East Press Business)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■斎藤 一人さんの講演会をそのまま本にした一冊。
 読むよりもCDで聞いたほうが面白い。
(下のyoutubeで同じ内容を聞けますよ)


 この本では、夢の話、奇跡の話が
 セットで入っているのがありがたいですね。


・駆けちゃダメだよ、
 止まっちゃダメだよ
 一個ずつ目標立てて、
 「ここに行くんだ」って行けばいいの(p75)


■まず、小さい成功を目指す。


 そこで、
 そこまでやるんですかというくらい
 努力するのです。


 ただ、小さい目標だから
 頑張れば達成できる。


 そしたら
 「そのやり方を人に教える」のです。


 そうすると、自分の仲間ができる。


 それが、自分のレベルが
 一段上がったことなのです。


 そして、またそれを人に教えていく。


・うまくいったら、そのことを
 惜しみなく下に教えるの。
 そうすると、なぜか、上行っちゃうんだよ、
 もう一個。(p67)


■サラリーマンにも応用できる
 すばらしい考え方だと思いました。


 職場で達人と付き合っている人、
 そして一段上に行きたい人は、
 ぜひ読んでみてください。


 一人さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分で自信のあることは、「私、少し変ですよ」って、
 いわないとダメなんだす。・・・
 でね、なんでも知ってると、
 つい「知ってるよ」って、いいたくなっちゃうの。
 それをいっちゃいけないの(p17)


・人間ね、全員から好かれりゃあ、いいよ。
 だけど、悪人から好かれたら、悪人だよ
 嫌なヤツから好かれたら、嫌なヤツなんだよ。・・
 世の中て、限度があんだよ、って。
 あの、怒らないのと、怒れないのは違うよ、って。(p36)


逃げるものは逃げる
 怒るときは怒る、ね。
 逃げられないときは、ちょっと転化する。
 そうやって人生、生きていかないと、うまくいかないよ(p46)


・夢を実現させる方法は、夢は小さく、努力を大きくするんだよ。
 それを、うまくいかねえヤツっていうのは、
 デカい夢をみるんだよ。で、努力が小さいんだよ(p61)


【私の評価】★★★★☆(86点)

■目次

二千年たってもいい話
夢の話、奇跡の話
一人さん的あそび、の話


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む