「ビッグ・データで株価を読む」岡田 克彦

|

ビッグ・データで株価を読む

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■株式市場では、機関投資家や大規模投資家が、
 コンピュータで株式の上がり下がりを予測し、
 プログラム取引をしているらしい。


 この本では、株価の上がり下がりではなく、
 ニュース記事や季節傾向といったビッグデータを活用した
 プログラム取引
を提案しています。


 確かに株式取引をしているのは人間ですので、
 人間の動きを事前に予測できれば、
 それで株式を売買すれば儲かりそうです。


・株式市場は1月から6月までが上昇相場で、
 7月から12月までが振るわない季節なのです。
 この傾向は40年以上も続いているのです(p46)


■現在、株式についての情報は、
 証券会社が格付けを行っています。


 しかし、事前に一部の投資家に情報提供し、
 その後に公表することで一部の投資家に
 利益を提供しているらしい。


 私に当てはめれば、本のソムリエの評価を
 事前に有料顧客に提供して、本を買占めさせ、
 その後にメルマガを発行することで、
 高値で売って儲けているようなもの。


 確実に利益を上げる
 仕組みがあるのですね。


・格付け変更日の少し前から(超過リターンが)発生しているが
 わかると思います。つまり、格付け変更の情報は、
 事前に証券アナリストから一部の投資家には
 伝えられている
可能性があるということです(p76)


■コンピュータが人間の心理を予測するようになったら、
 株式市場はいったいどうなってしまうのでしょうか。


 乱高下するのか、それとも
 高速で収束し安定するのか。


 いずれにしろ素人には
 儲けにくい世界になっていくのかも
 しれません。


 岡田さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・25年間で、楽観記事が前半に多い年は、
 株価収益率も年前半がよく、
 そうでない年は株価収益率も年後半の方が良い(p60)


注目度の高い銘柄ほど「素人が買う」傾向が強く、
 「プロの投資家は売り手」に回っている(p82)


天気の良い日に株価が上がりやすいことは、
 世界中の株式市場で実証されています。(p42)


・景気が良いときに増える正の相関が強い検索語句は、
 「ターニングポイント」「年収1000万円」「某高級ブランドバック」
 「ショートヘアカタログ」等だそうです(p24)


ビッグ・データで株価を読む
岡田 克彦
中央経済社
売り上げランキング: 120,201

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■目次

第1章 ビッグ・データって何?
第2章 ビッグ・データで株価は読める?
第3章 ビッグ・データで明らかになった株価の季節性
第4章 ビッグ・データを活用して相場の極意を実践する
第5章 バーストを使って隠れた動きを見つけよう
第6章 大規模な「言葉」のデータから相場を予測する
第7章 ビッグ・データで相場の大潮流をつかめ


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)