「賢者たちのメッセージ」光田 秀

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

賢者たちのメッセージ (PHP文庫)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■8名の方に霊能者エドガー・ケイシーについて
 インタビューした一冊です。


 7名の方には失礼ですが、
 斎藤一人さんの部分だけでも
 この本を読む価値があるでしょう。


 インタビュー形式のためか、
 素の一人さんが見えるように感じます。


・「お金儲けにコツはない」ということを早く悟ることが
 コツだね。一生懸命仕事をして、時代が変化したら、
 それに合わせていく。そうしてやっとお金を得ても、  
 汚い使い方をしたり、自慢したりしない。
 それが修行だと思ってる。(斎藤一人)(p62)


■面白いのは、
 一人さんが「仕事が楽しいって言ってるのは、
 仕事は本来、楽しくないからだ」って言ってること。


 そんなことわからずに、
 「一人さんはいつも楽しそうですね」
 なんて聞く人は、ちょっとずれてるわけです。


 「おもしろきこともなき世をおもしろく」
 といった人がいるようですが、
 一人さんもそうなのですね。


・大変で面白くないからお金くれるんだよ。・・
 で、そういうのは百も承知で社会に出て、
 その時に「大変だ大変だ」っていう姿を見ても美しくないの。
 それだったら「私この仕事好きでやってますから」って
 ニコッと笑っていうしかないんだよ。(p55)


■スピリチュアル(霊的)というのは、
 よくわかりませんので、
 信じたい人は信じればいいと思います。


 光田さん、
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人は怖くても未来に向けて足を一歩でも二歩でも踏み出して、
 新しいことに挑戦していかなきゃならない。・・・
 やっと一歩出した足も、間違っているかも知れないんですよ。
 そのときに、「ああ、オレはダメなんだ」と思うか、
 「ああ、これで間違っているってことがわかった。
 これで一歩進んだんだ
」と思うか。(斎藤一人)(p47)


・霊的法則に「波長の法則」というのがあります。
 高い波長は高い波長に引き寄せられ、
 低い波長は低い波長に引き寄せられるのです(江原啓之)(p27)


賢者たちのメッセージ (PHP文庫)
光田 秀
PHP研究所
売り上げランキング: 178,639

【私の評価】★★★☆☆(71点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 江原啓之―霊的世界との不思議な交流
第2章 斎藤一人―人生を豊かにする心の法則
第3章 船井幸雄―地球を取り巻くルールがはっきりわかる
第4章 葉祥明―人間も動物も人生を共に歩む同じ魂の仲間
第5章 小松長生―真の指導者は生まれてきた使命を受けとめている
第6章 五日市剛―「ありがとう」「感謝します」の言葉が人生を変える
第7章 吉元由美―夢は魂からのメッセージ
第8章 美輪明宏―前世探求の旅、魂の本源を求めて


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む