「松下幸之助の哲学」松下幸之助

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
松下幸之助の哲学 (PHP文庫)
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 59420

【私の評価】★★★★★(90点)


■1948年から1952年にかけて
 松下幸之助が書き綴った文章です。


 人間というもの、
 自然の法則というものについて
 思索しています。


 結論としては、
 世の中の実相に合った対応をすれば
 成功する、
 それに反すれば失敗する
 ということです。


 松下幸之助は、こうした心の状態を
 「素直」と表現しています。


・ではどのようにしたら、このような素直な心に
 なれるのでしょうか。・・・素直な心の初段になるには
 碁と同じように一万回、みずから工夫し、思念しなければ
 なりません。すなわち、自分の心の素直さを呼び戻そう
 いう工夫と信念と努力とが肝要
なのであります(p14)


■個別に宇宙の法則を見ていくと、
 人間には欲望と理性がある。


 それをうまく使うと
 人間は優れた力を発揮する。


 また、収入以上の支出はできない。
 多く支出すれば、それは借金として
 将来に禍根を残す。


 当たり前のことですね。


 こうした文章が書かれてから10年後、1965年から
 「歳入欠陥を、国債でまかなってはいけない」
 と禁止されている赤字国債が発行されることに
 なるのは、また残念なことであります。


・国民所得と国費との平衡が欠けている・・・
 いかなる場合でも、収入を無視した支出は
 ありえない
のであります(p251)


■松下幸之助は、「私には学がない」と
 常に言っていましたが、
 これほど真摯に世の中の実相を
 考えた人がいたのでしょうか。


 ドラッカーの本のように面白みは
 ありませんが、
 ドラッカー以上の深さだと思います。


 松下幸之助さんに会いたくなりました。
 良い本をありがとうございます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間には偉大な力が与えられていると申しましても、
 実は一人だけの力では、とてもその偉大さを発揮する
 ことはできないのであります。・・・そのためには
 衆知を集めなければならないのであります。(p75)


・腹がへれば食べたい、喉が渇けば飲みたい、疲れると
 休みたい - これは疑うことのできない人間の一面で
 あります。しかし、渇しても盗泉の水を飲まないということも、
 また明らかに人間の一面であります。このように人間は、
 動物的な欲望をもちながら、一方に善悪正邪を判断するところの
 理知的な面を備えております。これが人間の本質であります(p81)


・生成発展とはひと言で申しますと、日に新たという
 ことであります。毎日毎日が新しい人生であり、
 一瞬一瞬が新しい"生"であるということであります・・・
 これをいいかえますと、古きものが滅び、新しきものが
 生まれる
ということであります(p18)


・自分に与えられた天分を完全に生かすことが、
 真の意味の成功であり、ここに人間としての
 成功があ
る・・・人間はこの天分に生きることによって
 初めて、真の幸福というものを味わうことができる(p146)


・今日の政治を見ますと、非常にムダな点が多いように
 考えられます。まず人のムダがあります。現在、官吏の数は、  
 国民十一人に対して一人の割合だといわれております。
 あまり官吏が多すぎて、かえって仕事の能率が
 上がっていないという現状であります(p343)


・アメリカでは、子どものしつけは厳重で、
 十八、九の一人前になるころまでは、とても
 厳しく行なうということであります・・・
 やがて一人前になると、今度はほとんど干渉せずに、
 子ども自身の判断に任せ、自由に行動させる(p189)


松下幸之助の哲学 (PHP文庫)
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 59420

【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む