「野蛮人のテーブルマナー」佐藤 優

| このエントリーをはてなブックマークに追加
野蛮人のテーブルマナー (講談社プラスアルファ文庫)
佐藤 優
講談社
売り上げランキング: 14754

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■佐藤さんが教える情報機関のテーブルマナーです。

 情報機関の世界では、諜報のテクニックは
 公表してはならない
ということですので、
 ごく触りのところだけのご紹介なのでしょう。


・スパイ活動に引きずりこむためには、まず新聞報道についての
 教えを口頭で請い、謝礼を渡し、次に新聞報道をまとめるレポート
 つくってもらい、そして情勢分析に関する調査報告書を書かせ、
 徐々に文書を作るのに慣れさせていくというのがこの業界の定石だ(p27)


■諜報活動では、他国に協力者を作ることが
 仕事になりますので、
 人間関係のテクニックが使えそうでした。

 段階的に関係を深めていく。
 食事、アルコールをうまく使う。
 次に会うために、お願いをする。
 営業と同じですね。

 ただ、ギャンブル・風俗は、
 諜報ではあまり使わないそうです。


・1回目の食事で、2回目の接触を確保するためには
 どうしたらよいか。・・・例えば、食事のとき
 本の話題になったとき、その本が現在絶版となっている場合、
 「是非読んでみたいので貸して欲しい」と頼み込む。(p19)


■情報機関に興味があるのであれば、
 一読しておく価値のある一冊だと思います。

 佐藤さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・情報機関という・・・接点などまったくないと思われていますが、
 実際には「リエゾン(連絡役)」的な役割を果たす人間がいる。
 西側の情報機関では、このリエゾンに足払いをかけてはいけない
 というルールがある。諜報工作のターゲットにはしない、ということ(p114)


・インテリジェンス業界では、秘密情報の95~98%は
 公開情報の中にあるという。筆者の経験からも、
 軍事情報以外は、その通りだと思う。(p6)


・いまでも日本は核武装するうえで法的問題はないんです。
 逆説的なんですけれど、現状で核拡散を措止するためには、
 日本が潜在的「核カード」を持っていることが重要です
 そうすれば、日本に核を持たせないために他国の核開発を
 抑制しようとアメリカが本気になって働きかけるからです(p164)


野蛮人のテーブルマナー (講談社プラスアルファ文庫)
佐藤 優
講談社
売り上げランキング: 14754

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■著者紹介・・・佐藤 優(さとう まさる)
 
 1960年生まれ。
 外務省入省。在英国日本国大使館、ロシア連邦日本国大使館、
 外務本省国際情報局分析第一課。
 平成14年5月、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。
 平成21年6月、最高裁により上告棄却、有罪が確定。


■関連書評

a. 「インテリジェンス人生相談[個人編]」佐藤 優
【私の評価】★★★★★


b. 「自壊する帝国」佐藤 優
【私の評価】★★★★★


c. 「国家の罠」佐藤 優、新潮社
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)