本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「悪の指導者(リーダー)論」山内 昌之 佐藤 優

(2018年12月27日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

悪の指導者(リーダー)論 (小学館新書)


【私の評価】★★★★☆(84点)


■トランプ大統領が誕生した2017年に行われた
 元外務省官僚の佐藤さんと
 中東・イスラム歴史学者の山内さんとの
 対談です。


 ちょうど北朝鮮の金正恩とトランプが
 「アメリカの老いぼれ!」「ロケットマン!」
 と罵倒し合っているときです。


 オバマからトランプへの引き継ぎでは、
 「一番の安全保障上の脅威は、北朝鮮である」
 と伝えられていました。


 反日の韓国と核兵器を持った北朝鮮が
 一体化することがあれば、
 日本にとっても脅威になるのでしょう。


・ロイ・コーンから「やられたら、容赦なくやり返す」という交渉術を学んだトランプは、長年にわたって彼を顧問弁護士以上の存在、自分のビジネスのアドバイザーとしていました(佐藤)(p34)


■二人の見立ては、
 民主制が政治体制として
 絶対ではないということです。


 トランプにしても、プーチンにしても、
 エルドアンにしても、
 君主制に近いのではないか。


 二世議員が増え、
 富が一部の階級に偏在する状態は
 寡頭制に近いのではないか。


 世界が混乱の中で
 リーダーシップを期待できる
 政治体制を選んでいるのではないか
 ということです。


・帝政ローマ末期の著述家・プルタコスの考え・・・ペルシア人は責任を問われない君主の独裁を選び取り、スパルタ人は度し難い貴族の寡頭政を好み、アテナイ人は混じり気なしの自治の民主政を受け入れたというのです。それぞれ失敗すると独裁政ではその無責任さが暴力を、寡頭政ではその図々しさが横柄さを、民主政ではその平等が無秩序をそれぞれ生み出すと、彼は述べていました(『モラリア』9)(山内)(p256)


■その後、中国では
 国家主席の任期制限を撤廃する
 憲法改正を承認しました。
 習近平は中国の終身君主となったのです。


 時代が独裁者を求めているのか、
 時代の流れなのか、
 見きわめていきたいと思います。


 山内さん、佐藤さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私が強調したいのは、議会制民主主義は危機対応とは相性のよくない制度ということだ・・コンセンサスを得るために時間とエネルギーがかかる(佐藤)(p4)


・在韓アメリカ人は登録しているだけで約10万人です。在韓の日本人よりもはるかに多いのです。そうした場合、もしアメリカが北朝鮮を攻撃するならば、まず在韓のアメリカ人へ出国勧告をしますが、今のところアメリカはこれを行っていません(佐藤)(p125)


・北朝鮮が核技術を保有すれば、科学大国として万国に冠たる国になると、かの国は考えているでしょう。「朝鮮民族は世界で最も優れた民族である」というイデオロギーを北朝鮮は持っているわけですが、この考え方自体はそのまま韓国人にも当てはまるのです(山内)(p139)


・何よりも日本が他の国と違うのは、仮に北朝鮮と事を構えれば日本国内にはテロリストあるいは「第五列」とも言うべき工作員とそのシンパがすでに伏在しているのですから、その脅威もあるわけです(山内)(p141)


・2017年4月15日、金日成の生誕105周年記念の軍事パレードがありました・・・今回非常に多くのメディアが世界各国から集まっていたでしょう。あれは、北朝鮮が怯えているからなのです。マスメディアの関係者を人質に取っているのです(p98)


・長老派はカルヴァン派とも言います。トランプの人物像を理解するうえで長老派の特徴を知っておくことは、とても重要です。長老派の特徴を最もよく示す教義は、予定説と呼ばれる思想です。つまり、神はあらかじめ選ばれる人と滅びる人を定めていると考えます・・ゆえに長老派は、一般的に精神面がタフだとされます(p38)


・クシュナーは正統派のユダヤ教徒であり、イヴァンカも結婚後、キリスト教プロテスタント長老派からユダヤ教へ改宗しています・・・ユダヤ教の伝統では、母親がユダヤ人でないと子どもはユダヤ人と見なされないのです(p40)


・イランの大国化への憧憬について歴史的に考えると、イランはシーア派大国であると同時に古代ペルシャ帝国からの歴史を持っています(佐藤)(p68)


・レーニンは、「社会主義とは何か、ソビエト権力プラス電化だ」と言ったのです。つまり「みんなのところに電気が通る」と。しかし、北朝鮮には電気の通っていないところが津々浦々あるわけです(山内)(p118)


・ウクライナ問題で西側と歩調を合わせていない国は二つあります。それはイスラエルとトルコです・・・気候上の理由で生鮮野菜はロシアで作ると非常にコストがかかります。そのため、野菜と果物はイスラエルとトルコから輸入しているのです(佐藤)(p216)


・平等主義と絶対平和主義をさながら至上の価値観にまで高めた日本は、安全保障の法整備さえ拒否する無政府的思考を一部の政党や市民の中に生んでしまった(山内)(p258)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


悪の指導者(リーダー)論 (小学館新書)
悪の指導者(リーダー)論 (小学館新書)
posted with Amazonアソシエイト at 18.12.26
山内 昌之 佐藤 優
小学館
売り上げランキング: 302,466


【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

序章 ミサイルパニックの何が問題か
第1章 歴史の「必然」が生んだ大統領 ドナルド・トランプ(アメリカ)
第2章 祖父と父の呪縛をはねのけた指導者 金正恩(北朝鮮)
第3章 歴史家にして希代の語り手 ウラジーミル・プーチン(ロシア)
第4章 軍を排除する男 レジェップ・タイイップ・エルドアン(トルコ)、終身最高指導者 アリー・ハメネイ(イラン)
終章 核を持つ北朝鮮と日本



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: