人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「部下とは15分だけ話しなさい!」藤間秋男

2023/01/23公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「部下とは15分だけ話しなさい!」藤間秋男


【私の評価】★★★★☆(87点)


要約と感想レビュー

 新型コロナウイルス感染の拡大で懇親会ができなくなり、職場のコミュニケーション不足が課題と考えている人は多いのではないでしょうか。職場でのコミュニケーション不足は仕事での大きなミスを見逃すことになったり、部下がメンタル不調になって休職するまで気づかないといったことにもなりかねません。


 実際、コミュニケーション不足だけが原因ではないと思いますが、中小企業で若手が次々に辞めていくことに悩んでいる会社も多いというのです。そこで、この本が提案するのは、月1回15分間の1対1の面談です。月1回となると管理職の負担は増えますが、月1回の飲み会の代替と考えれば、逆に効率的ではないかと感じました。


・深く、かつ効率的なコミュニケーション・・月に1回、15分間の1対1の面談(p6)


 1対1の面談を会社で導入するにあたっては、「どんな人材を育てたいのか?」という人材育成方針を作ることが必要です。その人材育成方針に基づいて、1対1の面談を行うわけです。そして面談の内容、部下の発言を記録するルールや様式を決め、注意点をまとめた面談の手引きを作ります。あくまでも1対1の面談は「部下に話をしてもらい、自立的に仕事とキャリアを考えることを後押しするための時間」とします。


 部下に話してもらうために管理職は、日頃の部下の仕事を観察し、対話では仕事の成果を認めてあげて、仕事で悩んだり、困っていることがないか聞いてあげるのです。特に優秀な人ほど部下の話に対して「すぐに答えや結論を出してしまう」傾向にあるので、面談の手引きの中で、面談はあくまで部下の本音を引き出す場であることを周知しておくことが重要と指摘しています。


・優秀な管理職の方ほど、部下に対してのアドバイスが浮かび、何かと自分が口を出したいという場面が多いものですが、1対1面談ではそれをグッと堪えます(p161)


 実は懇親会や飲み会よりも、上司と部下とで定期的に1対1で面談するほうが、悩める部下の本音を引き出せるのではないかと感じました。月1回の1対1面談を制度化している会社は少ないかと思いますが、対話を制度化することで助かる人が必ずいるはずです。


 ちなみにヤフー株式会社では「1on1ミーティング」を登録商標して、社内で実施しています。もし月1回の1対1面談が日本の職場の標準となれば、その職場での人間関係がたった15分だけで改善されることでしょう。藤間さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・会議だけでは、本音を引き出せない(p49)


・気軽に相談できる場・・・社内の人間関係に悩みを抱えているけれど、打ち明けられない(p76)


・アイメッセージ・・私はあなたにこうしてほしい・・こまめに報告してくれると嬉しい・・大切なことだからしっかり覚えてほしい(p157)


・理念の「唱和」・・潜在意識に理念がインストールされれば、自然とその理念に反する行動ができなくなるものです(p179)


▼引用は、この本からです
「部下とは15分だけ話しなさい!」藤間秋男
藤間秋男、水王舎


【私の評価】★★★★☆(87点)


目次

第1章 なぜ有望な若手社員が、次々と辞めてしまうのか?
第2章 「TOMA式個別面談」で会社は伸びる!
第3章 1対1面談を「仕組み化」させる
第4章 5つのプロセスで1対1面談を実践!
第5章 面談トーク 7つのテクニック
第6章 1対1面談ケーススタディ



著者紹介

 藤間秋男(とうま あきお)・・・TOMAコンサルタンツグループ株式会社代表取締役会長。TOMA100年企業創りコンサルタンツ株式会社代表取締役社長。1952年東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、大手監査法人勤務を経て、1982年藤間公認会計士税理士事務所を開設。2012年より分社化して、TOMAコンサルタンツグループ株式会社を母体とする200名のコンサルティングファームを構築。100年企業創りと事業承継をライフワークとし老舗企業を集めたイベント「100年企業サミット」を主催する。


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブログランキングにほんブログ村


無料メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: