本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「営業の働き方大全」菊原智明

(2020年3月 5日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(85点)


■著者は8年間ダメ住宅営業マンでしたが、
 「お客様が後悔した施工例」を
 お客様に提供しはじめたら
 一躍トップ営業になったという。


 住宅は高額商品ですので
 この人なら信頼できそうだ・・
 と感じる営業マンに頼むのでは
 ないでしょうか。


 住宅を売るのではなく
 営業マンの信頼を売るという
 ことなのでしょう。


・営業レターを使いこなすと長期的にすごい結果が出る(p211)


■面白いのは営業マンこそ、
 社内の人間関係をよくして
 敵を作らないことが大切ということ。


 どの世界でもそうだと思いますが、
 長期間成功し続けている人は
 周囲の人と良い人間関係を作っている。


 秘書や部下を雑に扱っていると
 いつか復讐される、足を引っ張られる
 ということなのでしょう。


・人間関係を大切にしなければ一発屋で終わる・・活躍している時こそ天狗にならず、仲間と協力する意識を持つ(p141)


■会社員営業マン向けとして
 成果を出すコツがまんべんなく
 まとまっていると思いました。


 まずはお客さまに与えまくる、
 次に社内を固める、
 最後は顧客フォローで成績を維持して
 いくという型だと思いました。


 菊原さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・与えて、与えて、「与える営業」になる(p30)


・トップ営業は質問でココを突く・・・「なぜその商品が必要なのか?」「どんな夢を実現させたいのか?」といった深い部分を徹底的にヒアリングする(p108)


・アフターフォローできる人が生き残る・・・既存顧客への電話はクレームを減らし、紹介を増やす一石二鳥の方法なのです(p123)


・うるさいお客様が最高のコンサルタント・・実はクレーマーから商品のファン・会社のファンになるパターンは多い(p126)


・トップ営業が高いボールペンを使う理由・・・持ち物を選ぶ場合「お客様が好感を持つかどうか」という視点で決めます(p160)


・考える前に一回手をつけてみる(p55)


・勉強をして結果を出す人・・・実際にやってみてこそ「自分に合うか」それとも「自分には合わない」かが分かるのです。これは営業ノウハウでも同じです(p176)


・「早起き」できるだけでその他大勢と違いを出せる・・継続するために「1分」の早起きから始めてみよう(p43)


・「休むことも仕事」だと考える(p64)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



菊原 智明、大和書房

【私の評価】★★★★☆(85点)


[楽天ブックスで購入する]



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

序章 シンプルだけど大切な「7つの心得」
第1章 時間マネジメント術
第2章 スピード仕事術
第3章 スマートな接客・トーク術
第4章 有意義な商談術
第5章 社内コミュニケーション・接待術
第6章 マナー・ブランディング術
第7章 営業のための勉強術
第8章 最高のパフォーマンス向上術
第9章 「モテる」営業レターの極意
第10章 超・メンタル術


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: