本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「逆転スイッチ! "絶体絶命のピンチ"を一瞬で"チャンス"に変えた33の物語」西沢 泰生

2015/06/11本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

逆転スイッチ!


【私の評価】★★★☆☆(75点)


内容と感想

 ある経営者が、「打つ手は無限にある」と言っていました。もうだめだ・・・と思ったところからが、勝負なのです。


 本田宗一郎さんは、外国でタイヤを持って帰るお金がないとき、タイヤを首にかけて飛行機で帰ってきたという。


・マン島の現地を訪れた本田さんは・・・ドルの持ち金のギリギリまで機械の買い付け・・タイヤを貨物として運ぶには別料金が必要だと言われ・・「これは首飾りだ」と言い張って、首にかけて機内に持ち込んだ(p16)


 あの人は、いかに絶体絶命のときに、抜け出したのか。本当にピンチは、チャンスなのか。この本を読むと、その本質がわかります。


 どんなにどん底でも人は復活できるし、死ぬ気になれば、なんでもできるのです。


・イジメや借金で死ぬくらいなら、何もかも捨てて、死んだ気になって逃げればいい(p157)


 成功者は、逃げるときは逃げる。でも、逃げられないなら、うまくいくまで頑張るのです。それがわかりました。


 西沢さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・人見知りで悩んでいた山ちゃんを救った、タモリが彼に言ったひと言とは・・「人見知りは才能」(p104)


・「そんな命令に署名するなんて、リンカーンは馬鹿野郎だ」とののしったのです・・「彼がそう言っているのなら、私はきっと馬鹿野郎なのだろう。何しろ、彼の言う事は間違ったためしがないからね」(p128)


・仲間13人と共に斬首を言い渡されてしまいました・・・「この国の王は天下を取ろうと望んではいないのか!もし天下を取ろうというのであれば、私のような人材の命をなぜ奪うのか!」と大声で訴えた(p204)


逆転スイッチ!
西沢 泰生
KADOKAWA/角川学芸出版
売り上げランキング: 139,725


【私の評価】★★★☆☆(75点)



目次

まえがき なぜルパン三世はピンチの時にも微笑んでいられるのか
Chapter1 ピンチ脱出法クイズ(初級編)
 【ピンチについての名言集1/初級編まとめ】
Chapter2 ピンチ脱出法クイズ(中級編)
 【ピンチについての名言集2/中級編まとめ】
Chapter3 ピンチ脱出法クイズ(上級編)
 【ピンチについての名言集3/上級編まとめ】
あとがき 病名を告げられた時に


著者紹介

 西沢泰生(にしざわ やすお)・・・1962年、神奈川県生まれ。大学時代からクイズ番組に出場するようになる。出場回数は20回を数え、『パネルクイズアタック25』『クイズタイムショック』等で優勝。日本初のクイズ同好会「ホノルルクラブ」に所属。仕事では、約20年間、社内報の編集を担当。その間、社長秘書も兼任で経験。現在は赤坂勤務の会社員


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

『逆転スイッチ』の著者の西沢です。取り上げていただきありがとうございました!


同じカテゴリーの書籍: