「山本七平の智恵」谷沢 永一

|
山本七平の智恵―日本人を理解する75のエッセンス (PHP文庫)
谷沢 永一
PHP研究所
売り上げランキング: 672830

【私の評価】★★★★☆(87点)


■「「空気」の研究」で有名な山本七平さんの
 考え方を解説した一冊。


 山本さんは、特殊な文化を持った
 日本人というものを分析した人です。


 日本人が特殊だって?

 そう思われた方はぜひ読んでみましょう。


・いわば日本全体が一つの温泉の大浴槽であって、
 生まれながらにみんあそこへ同じ温度のなかでほぼ似た
 体温で浸かっているから、その同じ温度の湯のなかにいる
 者同士が話し合ってこそ会話が成立する。・・・ 
 外からものを言えば、これは異端者ということになる(p23)


■日本の特殊性が、
 特に大きな影響を与えるのが
 外交でしょう。


 日本人の論理で言えば、

 ・強いものは弱いものをいじめてはならない
 ・他の人の迷惑になることをしてはいけない
 ・自分のエゴ丸出しははずかしい

 ということになります。


 しかし、実際には、

 ・弱いものをいじめる
 ・他人の迷惑は関係ない
 ・自分のエゴ丸出し

 といった国が多いのです。


 だから、国家間の紛争になると、
 日本が相手のことを思って穏当な処理をすると、
 相手は

 「これはもう少し押せる」

 と勘違いしてしまう。


 そこで相手の強気に日本は当惑し、
 傷つき、怒り、

 「こんなに相手に配慮したのに!」
 「こんな相手とは付き合えない!」

 と逆切れしてしまう。


 相手からすれば、

 「これくらい大丈夫かな~」
 「日本はどう出てくるかな~」

 と思っているので、
 びっくりするのでしょう。


アメリカ側から見ていると、日本民族というのは
 恐るべき耐久心
がある、どれだけ攻めて、日干しにしていっても、
 断固として持ちこたえる国だと思われた。極端にいうと、
 それだから原爆が落ちたのである(p37)


■日本の組織の話にすれば、
 普通にしているだけなら
 日本はとても住みやすい国だと思います。


 ところが、何か変化が求められたとき
 なかなか議論が進まない。


 これは論理よりも感情が先行する。


 何を言っているか、よりも
 誰が言っているか。


 全員の合意を重要視する。


 「オレは聞いてない!」
 などと言う人がいる。


 提案の内容よりも、
 配慮が大切なんですね。


・感情移入というのは、相手に対して存在権を認めない議論になる。
 ・・・自分は絶対にあらゆる害を受けてはならない存在である、
 その害を与えたものは絶滅されるべきである。まさに粉砕である。
 「フンサーイ!」というのを見るにたびに、
 ああ、日本人だなあと思って懐かしくなる。(p142)


■外国から見ると、
 日本人とは礼儀正しく、粘り強く、
 勤勉な国民に見えると思います。


 それは事実ですが、
 そうなっている別の理由も
 あるわけです。


 ああ、日本って良い国だと思います。
 世界が日本人だけなら。


 谷沢さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・仮に外交の話にすると・・・先方には先方の意思がある。
 もし先方が何らかのエゴとか要求をもった瞬間に、
 「その国は信用できない」ということになる(p47)


・上司は部下のことを聞かれたときに、
 「いや、彼はなかなかしっかりやってますよ」と言う。
 どうしてもそれも言えない場合は、「彼はマイペースだからね」
 と言う。・・・「いい人だからね」と言われたら終わり。(p146)


・明治の頃、東京帝国大学の助手をしていた人が世界的な
 発見をした。そうしたら東京帝国大学は「こんな生意気な
 ヤツは大学に要らん」といって叩き出した。・・・
 そのときにその助手は「私、こんなことを発見いたしましたが、
 大先生のお名前で発表してください」と言うべきだったのである(p127)


・ちょっと出すぎた努力家というのは絶対嫌われる・・・
 人事もそうである・・・
 「当然、オレだ」と思っているのが静かに出てきて、
 「このたびははからずも。全くびっくり、
  何の心の用意もありません」と言う。(p55)


山本七平の智恵―日本人を理解する75のエッセンス (PHP文庫)
谷沢 永一
PHP研究所
売り上げランキング: 672830

【私の評価】★★★★☆(87点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)