「本は私にすべてのことを教えてくれた」谷沢 永一

|

本は私にすべてのことを教えてくれた

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■谷沢先生の読書感想文なのだが、
 古いのと難しいのでなかなかとっつきにくい。


 私のレベルでは、
 もっとわかりやすくしてもらうと
 ありがたいのですが。


 とりあえず、山本七平さんの本を
 読んでみることにしました。


 谷沢 永一さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・飯田正一教授という権勢欲の破格に強い最古参の人物が・・・
 独断で学科の経理すべてを握って自由に支出し、
 一向に会計報告をしない・・・
 保全経済会という金融詐欺に、
 飯田は家計のすべてのみならず、
 国文学会の資金をも加えて投資し、
 当然のこと全額を失う破目となった(p20)


・「アーロン収容所」・・・日本人の将校が、
 戦争を起こしたのは申し訳ないことである、
 と言ったところ、ハーバード出身の英軍中尉が、
 君は奴隷か、と切り返す・・・
 いわく、われわれはわれわれの祖国の
 行動を正しいと思って戦った。
 君たちも自分の国を正しいと思って戦ったのだろう。
 負けたらすぐ悪かったと本当に思うほど、
 その信念は頼りなかったのか。(p126)


・イザヤ・ベンダサンの名で
 『日本人とユダヤ人』(昭和45年)が出て以来、
 山本七平の著作はすべて熟読してきた・・(p253)


本は私にすべてのことを教えてくれた
谷沢 永一
PHP研究所
売り上げランキング: 829885

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)