本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?」北野 幸伯

(2012年4月 9日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?


【私の評価】★★★★★(94点)


■テレビを見ていると
 「中国が靖国参拝を批判して・・」
 「韓国議員が竹島訪問・・・」
 「ロシアがグルジアを攻撃・・・」
 「拉致被害者の安否を・・・」
 「沖縄米軍基地の移設が・・・」
 「北朝鮮のミサイル発射・・・」等
 いろいろな国際関係の報道がされています。


 でも、新聞を読んでもテレビを見ても、
 どうも今ひとつ外交というものがよくわからない・・
 という人のための一冊。


 国家間の外交とは、
 思ったよりも単純な理論で動いていると
 この本は教えてくれるのです。


・そもそも「国益」ってなんでしょう?これはいろいろあるのですが、もっとも大事なものを二つあげるとすれば、
 1 金儲け
 2 安全
(p114)


■ロシアを中心に見てみると、
 エリツィン時代の1998年のロシアの資源は
 新興財閥のものとなり、
 欧米は会社ごと買収しようとした。


 しかし、2000年に大統領となったプーチンは
 マスコミ・政治を支配し、
 欧米による買収を阻止し、
 新興財閥から資源を取り戻したのです。


 するとその後、キルギス、グルジアで
 選挙を批判するデモから
 チューリップ革命が起こった。


 これは偶然ではなく、
 必然だというのです。


 ロシアの資源を支配できなかったアメリカが、
 別の手段を使ってロシアの周辺国に
 傀儡政権を作ろうとしたのです。


・プーチンが大統領選に勝利したのは2000年3月。・・プーチンは、就任早々「革命的改革」に乗り出します。それが、「連邦管区」の設置。・・連邦政府は、連邦法に違反した首長を解任できる権利をもつ(p44)


■それに対しプーチンは、
 中国と手を結び、
 上海協力機構を強化し、
 軍事演習を実施した。


 さらに石油のルーブル取引を開始し、
 外貨準備のドル比率を下げた。


 明らかにアメリカとの戦いを
 選んだのです。


 プーチンからメドベージェフ大統領となり
 一時、欧米、ロシア間の雰囲気はよくなりますが、
 またプーチンの時代が戻ってくる。


 これからどうなるか、
 あなたなら予想できますね。


・プーチン、仮想敵国・中国との同盟を決意・・・ロシア人エリートのアメリカ観・中国観を一言でいうと、「アメリカを憎み、中国を恐れる」となります(p171)


■こうした流れで見ていくと、
 アメリカと中国の覇権のぶつかりが、
 必然だとわかります。


 そして、アメリカの一極支配を終わらせようとする
 プーチンが帰ってくるのです。


 ・・・。


 北野さんの驚異的なところは、10年前に
 リーマンショック(アメリカの没落)を
 予言したこと。


 そしてまた、
 予言は当たるのでしょうか。


・いまから10年後、すでに「ドル体制」は崩壊し、自国内には石油に代わる資源がありあまっている・・・そう、アメリカには、もはや戦争する理由がなくなるのです。・・・欧米の時代は終焉を迎え、アジアの時代が始まるのです(p326)


 北野さん、良い本を
 ありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・グリーンスパンさんが、「米軍によるイラク開戦の動機は石油利権だった」、それは「誰もが知っている事実」と語っている・・しかし、日本だって、「石油」のために戦ったことがあります・・私たちはただ、「世界は平和で、石油もガスも電気もいつでもある」と「勘違い」しているのです(p139)


・尖閣諸島中国漁船衝突事件・・・アメリカが「尖閣諸島は安保条約の適用対象」と宣言した効果は大きかった。中国は、日本のことを「屁」くらいにしか考えていないでしょうが、アメリカと戦うことはできません(p248)


・世界の歴史は「覇権争奪戦」である・・・歴史を振り返ってみると、「No.1国家とNo.2国家は、つねに決着がつくまで争っていた」(p266)


・中東産油国で反米の国もあります。その代表がイラクとイランでした。しかし、アメリカはイラクを攻撃し、傀儡政権をつくった。残るはイランです(p290)


・中国の国家ライフサイクルを見ると、2010年代は「成長期後半」に当たります。それが正しいとすれば、2018年末から2020年ごろに、日本の「バブル崩壊」に相当するできごとが起こるでしょう(p323)


・「平和な時代」が過ぎ去ろうとしている・・・なぜかというと、「アメリカが日本を守れなく日」が近づいている。(p330)


▼引用は下記の書籍からです。

プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?
北野 幸伯
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 25


【私の評価】★★★★★(94点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: