本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「新日本人道」北野 幸伯

(2020年2月 7日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(87点)


■ロシアの外交官養成機関「モスクワ
 国際関係大学」で学んだ著者が教える
 日本が繁栄し滅びないための提案です。


 外国から見ると、
 日本人は企業も政府も戦略的思考、
 戦略的行動が苦手だという。


 例えば、戦前の日本の仮想敵国は、
 陸軍がソ連、海軍がアメリカと
 陸海軍ばらばらで
 最後まで統一できなかった。


 日中戦争でも、満州利権を日本が
 独占しようと考えたために
 アメリカ、イギリス、ロシアを
 敵にまわしてしまった。
 これでは勝てないのです。


・もっとも重要なことは、「主敵を定めること」です。戦前、日本政府は、これができていませんでした。陸軍は、「ソ連が主敵」と主張し、海軍は、「アメリカが主敵」としていました(p141)


■現代の中国は「平和的台頭戦略」で
 他国の企業を取り込んで
 経済的な繁栄を達成しました。


 そして現在は、日米、日露、日韓関係を
 破壊することで、日本を孤立させ、
 日本を破滅させようとしている。


 なぜ中米貿易戦争がはじまったら
 中国から日本への批判がなくなったのか、
 習近平の訪日が計画されているのは
 偶然ではないのです。


 この戦略に基づく活動が進んでおり、
 そこにハマっていることさえ
 私たちは理解していないのです。


・中国の戦略は、日米、日ロ、日韓関係を破壊し、日本を孤立させることです。日本政府は大戦略を忘れ、日米、日ロ、日韓関係を冷却化させてしまった・・これはまさに「中国の戦略通りに動いている」(p139)


■第二次大戦のとき
 ヒトラーと対立したチャーチルは、
 ヒトラーに勝つためにアメリカとソ連と
 ヤルタで同盟を組みました。


 中国は日米、日露、日韓関係を破壊して
 日本を破滅させようとしているのに、
 習近平を招待する一方で、アメリカ主導の
 タンカー防衛有志連合を拒否する日本。


 このままいけば、
 日本は戦前のように中国の戦略に
 はまって滅んでしまう、という
 危機感があるのだと思いました。


 北野さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アメリカは、「米中覇権戦争」がはじまった途端に、アメリカの敵である中国に接近する日本を見て、「裏切り者め!」と思ったに違いありません。日本政府は、こんなことも理解できないのです(p115)


・第一次大戦のときです。日本の同盟国イギリスは、ドイツの猛攻で劣勢でした。それで、日本に「陸軍を送ってくれ」と何度も要請しました。日本は海軍を出しましたが、陸軍の派兵は断り続け、最後まで送りませんでした・・イギリスは、薄情な同盟国に深く失望します・・同盟は1923年、解消されてしまいました(p132)


・1937年、日中戦争がはじまりました。日本は、「戦術的」にめちゃくちゃ強い。別の言葉でいえば、戦闘に強い。中国は、戦闘に弱いのですが、「大戦略的アプローチ」で対抗しました。つまり「情報戦」「外交戦」によって、アメリカ、イギリス、ソ連を味方につけることに成功したのです(p134)


・チャーチルは、「我が大英帝国は、独立自尊の国。田舎者のヤンキーや、共産主義者(ソ連)の手は借りぬぞ!」などとは言いませんでした。むしろ彼は、悪魔(ヒトラー)に勝つために、もう一人の悪魔(スターリン)と喜んで手を組んだ。それでイギリスは救われたのです(p75)


・「日本国のためになるビジネスをしよう」・・日本企業は、こぞって中国に進出しました。進出した日本企業は、日本人ではなく中国人を雇い、日本ではなく中国に税金を納めています・・・日本人を雇い、日本で税金を払う。こんな当たり前のことが日本を支えます(p61)


・「平和的台頭戦略」・・・「誰とも戦わないように気をつける」・・そのために必要なのは、「人の悪口を言わない」こと・・次に「手柄を自分一人で独占しないこと」(p148)


・第二次大戦・・・私たちのご先祖様の戦争は、少なくとも日本の独立をかけた戦いだった。戦略が不完全で完敗しましたが、それでも、私たちの祖父、祖母は、任務のために尋常でない勇気を示したのです。だから、日本は戦争で負けたとしても、私の祖父が、日本を守るために戦い、満州で戦死した事実には、感謝しています(p89)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



北野 幸伯、扶桑社

【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1の掟 「和の世界」を創れ
第2の掟 知性によって日本を自立国家へと導け
第3の掟 「理想を目指す」現実主義者であれ
第4の掟 日本の「真の国益」は何かを常に考え行動せよ
第5の掟 常に「大戦略」の視点から物事を見よ
第6の掟 日本を愛し、他国・他民族への尊敬の念を忘れるな
第7の掟 言葉と行動によって日本の名声を高めよ



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: