「すべてを味方 すべてが味方」小林 正観

| コメント(0) |

すべてを味方 すべてが味方

【私の評価】★★★★☆(81点)


■秋田県の能代で、グチを言いまくっていた
 タクシードライバーにプレゼントした
 一冊です。


 偶然なのでしょうが、
 彼女にぴったりの一冊だったようです。


■正観さんの教えの基本は、
 悪い言葉を言わずに、良い言葉を言おうね、
 ということ。


 不平・不満・愚痴・泣き言・悪口・文句は
 ご法度です。


 自分で自分をいやな自分にしない、
 ということですね。


  ・その人の口から出てくる言葉が、
   温かく明るくて、人を励まし力づけるものであれば、
   あなたは、さらにまわりから<よろこばれる存在>になる(p20)


■そして最終的には、「感謝」だと思います。


 自分に感謝する、
 家族に感謝する、
 友に感謝する、

 ということでしょう。


  ・「自分のいいところ」を百個挙げてみる・・・
   他人の評価で生きるのではなくて、
   自分の評価で生きるのです。(p100)


■正観さんの本はいつも読みやすくて
 助かります。


 心を爽やかにしてくれる一冊だと思います。
 本の評価としては、★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・たとえば、してはいけないことをしたときに、
   「君がそういう状態になっているのを見ると、
   私は悲しい」と言うだけで、もういいのです。(p110)


  ・「どこのどなたか存じませんが、朝食や夕食を
   用意してくださって、ありがとうございます」・・・
   他人だったら、手を合わせて感謝するのに、
   なぜ、夫や妻には感謝しないのでしょうか。(p137)


  ・幸せの"本体"というのが、
   どこかにあるのではなく、<私>が幸せと思うだけ。
   そう思った瞬間に幸せが100%手に入ります。(p32)


▼引用は、この本からです。

すべてを味方 すべてが味方
小林 正観
三笠書房
売り上げランキング: 2469
おすすめ度の平均: 5.0
5 すべてを見方すべてが見方
5 幸せに生きる為に...。
5 感謝の"ありがとう"の再確認
5 身体にまとわりついていた埃を綺麗にしてくれるようなお話です。
5 いつもの正観節の本です。正観ファンの方は喜んで正観コレクションを増やしましょう

【私の評価】★★★★☆(81点)


■著者紹介・・・小林 正観(こばやし せいかん)

 1948年生まれ。心理学研究家。
 講演で全国を飛び回っている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)